岡三証券が暗号資産CFDの取扱開始、ビットコイン、イーサ、リップルなど5銘柄

岡三証券が暗号資産CFD取扱い開始

岡三証券が暗号資産CFD(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)の新規取り扱いを3月4日15:00より開始した。同社ダイレクトビジネス部門の岡三オンライン証券カンパニーの取り扱いとなる。

暗号資産CFDは、現物の受け渡しを行わない差金決済による取引だ。そのため「不正なハッキングなどによる暗号資産の流出や盗難リスクが無い取引」と岡三証券は説明している。

このサービスによる取り扱い銘柄は「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「リップル(XRP)」「ライトコイン(LTC)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」の5銘柄で、レバレッジは2倍、取引手数料は無料となっている。投資家はPC版取引ツールおよびスマートフォンアプリで取引が可能で、原則24時間365日対応しているとのことだ。

同社は今回サービスを開始した理由について「暗号資産への関心が広がりを見せるなか、その資産的価値や将来性に関心を持つお客さまから、ビットコインを始めとした暗号資産取扱いのご要望をこれまで多数いただいてまいりました」と述べている。

なお暗号資産CFDは国内では先行してマネックス証券、トレイダーズ証券、SBI FXトレード、マネーパートナーズ、カイカ証券(旧:eワラント証券)が提供している。

関連ニュース

みずほFGがヤマダ電機、ファミリーマート、岡三、楽天らとブロックチェーンを活用した個人向けデジタル社債の発行に向け実証実験を開始 

【取材】草津の温泉旅館でSTO実施へ、三井物産デジタル、三菱UFJ信託、野村証券が協業 

STOは証券市場の課題をどう解決するか? (フィリップ証券 代表取締役社長 永堀真氏)

日本取引所グループが「環境債」の証券トークン化検討、ブーストリー「ibet for Fin」で 

野村証券らのKomainu、暗号資産運用利回りサービス提供開始 

参考:岡三証券
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ismagilov・dalebor・Ninja-Studio・Serhii-Yakovliev

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ