【取材】草津の温泉旅館でSTO実施へ、三井物産デジタル、三菱UFJ信託、野村証券が協業

草津の温泉旅館でSTO実施へ、三井物産デジタル、三菱UFJ信託、野村証券が協業

三井物産デジタル・アセットマネジメント(MDM)と、三菱UFJ信託銀行および野村證券が、不動産を投資対象とした資産裏付型セキュリティトークン(ST/証券トークン)の公募を実施することが2月25日に分かった。

なおこのSTには三菱UFJ信託銀行が提供するブロックチェーン基盤「プログマ(Progmat)」が活用されるとのこと。

「プログマ(Progmat)」を選定した理由は、セキュリティトークンの取引を支える仕組みとして、投資家の権利が保全され、譲渡に際しても安定的に権利を移転でき、かつそれらの処理を効率的に実現できるプラットフォームとして適切だと考えたからだという。

このSTは、三菱UFJ信託銀行が受託者に就任予定の温泉旅館の信託受益権を裏付資産とし、主に個人投資家向けの提供を予定している。

有価証券報告書によれば、公募対象となっているのは「草津温泉 湯宿季の庭・お宿木の葉(譲渡制限付)」で、公募金額は「20億8,900万円」となっている。また発行数は4178口で1口あたりの発行価格は50万円。申込期間は2022年3月18日から3月24日で、10口以上からとなっている。

なお三井物産デジタル・アセットマネジメントは、デジタル技術を活用して資産運用の様々な非効率を解決することで、不動産・インフラ等の実物資産への投資機会の提供及びアセットマネジメント業務のDXの実現を目指しており、運用資産総額(Asset Under Management:AUM)は昨年10月の業務開始から約5か月で約600億円となっているという。

また三菱UFJ信託銀行は、2月9日に日本円連動型のステーブルコイン「Progmat Coin(プログマコイン)」発行について発表した。

そして同行は優待等を対象としたNFT発行プラットフォーム「Progmat UT」とウォレットの開発を発表している。

「あたらしい経済」編集部は、LayerX執行役員および三井物産デジタル・アセットマネジメント 取締役の丸野宏之氏へ取材を行なった。

−このSTにおいて、投資家への報酬などを含めたレポーティングのあり方は、具体的にどのような形をとっていくのでしょうか?

基本的には販売証券会社である野村證券様の方針に従いますが、当社としては前回公募時と同様、以下のようなサイトを通じたご報告をさせていただく予定です。(主に年2回の決算発表毎) 。

サイト:https://ir.alterna-x.com/ir001/

−今後のST市場の動向に関する、意見を教えていただきたいです。

昨年は当社も含めて複数の不動産STの公募がローンチし、まさに「不動産STO元年」といえる年でした。

今年は、そういった事例を見た事業者が参入し始めることで拡大期に入り、組成件数・規模共に増えていくと考えております。

また、セカンダリー市場の議論も活発に行われておりますが、そもそも買えるものモノ(プライマリー)がなければセカンダリーは起きません。当社としても、引き続き商品組成に注力し市場発展に貢献していきたいと思います。

参考:有価証券報告書
images:metamorworks・Who_I_am
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored