チリーズ「Socios .com」、NBA「トレイルブレイザーズ」と提携。残り2チームでNBA全チームに

チリーズがNBA「トレイルブレイザーズ」と提携

ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を運営するチリーズ(Chiliz)が、米バスケットボールNBA加盟の「ポートランド・トレイルブレイザーズ(Portland Trail Blazers)」と、マルチプラットフォーム・マーケティング契約を締結したことが分かった。これによりNBA全30チームのうち28チームが「Socios.com」と提携したことになる。

今回の提携により「ポートランド・トレイルブレイザーズ」の本拠地である「モダ・センター(Moda Center)」に設置されているアリーナ看板にて、「Socios.com」が宣伝されるとのこと。

またファンは専用アプリを利用して、「モダ・センター」で流れる音楽を決定するための投票に参加できるとのことだ。

なお今回の発表の中でファントークン発行についての日程などは触れられていない。

「Socios.com」がNBA加盟チームと提携するのは、1月の「ニューオーリンズ・ペリカンズ(New Orleans Pelicans)」以来となる。

またチリーズは今月15日欧州サッカー連盟(UEFA)とグローバルライセンスおよび地域スポンサー契約を締結しファントークン発行を発表していた。

「Socios.com」とは

「Socios.com」はチリーズのブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。

チリーズは昨年8月、NBA加盟の7チームと7日間に渡り連続提携する取り組みを行っている。またNBAだけでなく、欧州のプロサッカーリーグのチームとも提携を行いファントークンを発行している。既にチリーズと提携したスポーツ組織は26ヵ国130を超えており、北米ではNHL:ホッケーのチームや総合格闘技団体のPFLとUFCとの提携や、韓国やインドのスポーツチームとの提携など国・ジャンルを問わず展開を進めている。

関連ニュース

NBA「ニューオーリンズ・ペリカンズ」、チリーズのSocios. comと提携

 セリエA「ボローニャ」やトルコ「ガズィアンテプFK」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ

セリエA「ウディネーゼ・カルチョ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ

スペイン「セビージャFC」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ

アルゼンチンサッカー「CAリーベル」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ

参考:ソシオスドットコム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・msan10・efks

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論