サイバーエージェントがメタバース関連新会社を設立、NFTや暗号資産活用

サイバーエージェントがメタバース関連新会社を設立

サイバーエージェント(Cyberagent)が、メタバース関連の新会社「サイバーメタバースプロダクション(CyberMetaverse Productions)」の設立を2月25日に発表した。

新会社「サイバーメタバースプロダクション」では、リアル店舗やECとは異なる、新たな販売チャネルとしてメタバース空間でのバーチャル店舗のあり方を確立し、NFTを活用したデジタルコンテンツ制作や独自の暗号資産(仮想通貨)の発行支援まで一貫して対応できる体制を構築したとのことだ。

同社はサイバーエージェントグループが培ってきたAIや3DCG技術、小売企業等へのDX支援実績を活かし、小売企業やアパレルなどブランド企業における、バーチャル店舗での新たな収益源の確立を支援するとのこと。

同社のサービスでは、実店鋪のような写実性のあるバーチャル店舗から、アニメ調のキャラクターデザインまで、企業ブランディングに合わせたメタバースの商空間が構築できるという。

また同社は、バーチャル店舗における店員アバターの接客サービスも提供するとのこと。企業の社員による遠隔接客、対話技術を用いたAI接客アルバイターの派遣など、様々な形でメタバース空間における接客サービスを提供していくとしている。

なおその店員アバターは、写実的で現実の人間と比べ違和感のないCGモデルで制作することが可能だという。

サイバーエージェントの「デジタルツインレーベル」の提供実績や、「デジタルヒューマン研究所」での研究開発した技術を活かし、メタバース空間での体験価値向上を目指すとともに、2023年までに、Unreal EngineやUnityエンジニア、CGアーティストを中心に100名の新規採用を実施し、さらなる体制強化を進めていくとのことだ。

なおサイバーエージェントグループの直近のWeb3関連の動きとしては、昨年子会社のCyberZが「NFT事業」を開始している。

またサイバーエージェントキャピタルは、今年の2月にNFT関連事業を展開するmicroverseへの出資を行なっている。

参考:サイバーエージェント
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis・YiuCheung

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。