「進撃の巨人」NFTが米国リリースへ、講談社とAnique

「進撃の巨人」NFTが米国リリースへ、講談社とAnique

講談社とNFT事業を手がけるAnique(アニーク)が、「進撃の巨人(Attack on Titan: Legacy:AoTL)」NFTシリーズを3月4日に発表した。講談社が「進撃の巨人」に関わるライセンスに許諾し、AniqueがNFT化する。

またこのNFTはブロックチェーン「Flow」でミント(鋳造/発行)され、3月中に米国のみでの発売される予定となっている。 両社はこのシリーズに特化したNFTプラットフォームも提供し、そこでユーザーはアニメ「進撃の巨人」の見どころを集めた未公開のNFTを所有することができるという。

ユーザーはプラットフォームを通してNFTを直接購入するか、他のマーケットプレイスで他のコレクターから購入することで入手できるとのことだ。 またコレクター間の売買も含め、NFTの売上の一部はクリエイターに還元されるとしている。

今回の発表でAniqueの代表取締役である中村太一氏は、次のようにコメントをしている。

「『進撃の巨人』は、世界中の多くのファンの心に響く普遍的なテーマを持った不朽の作品となっており、私自身、このシリーズには強い思い出があります。私は講談社と一緒に仕事をし、『進撃の巨人』の様々なプロジェクトに参加することができました。AoTLでは、ファンに焦点を当て、世界中のファンに、この大好きなシリーズのコレクションを始める際に全く新しい体験をする機会を提供していきたいと思います」

Aniqueは昨年3月にFlow基盤のNFTコレクションサービス「コレクション(Collection)」のベータ版の提供を開始していた。

Aniqueはこれまでも日本の著名IPと連携した実績が多数あり、「進撃の巨人」のほか、「serial experiments lain(シリアルエクスペリメンツレイン)」「STEINS;GATE」「魔法使いの嫁」「ロボットガールズ」「七つの大罪』」「けものフレンズ」「攻殻機動隊 SAC_2045」などのNFTを提供してきた。

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。