オーケーコインジャパン、クアンタム(QTUM)上場へ

オーケーコインジャパンがQTUM上場へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパンに、暗号資産クアンタム(QTUM)が上場することが3月4日分かった。取引は3月14日開始する予定とのこと。

なお同取引所の新規銘柄上場は2月14日より取引開始したトロン(TRX)以来だ。

対象となるサービスは取引所(板取引)と販売所。入庫受付開始が14日17:00から、現物取引の開始は22日の17:00を予定しているとのこと。

オーケーコイン・ジャパンではクアンタム上場により、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、リスク(LSK)、オーケービー(OKB)、アイオーエスティー(IOST)、エンジンコイン(ENJ)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、トロン(TRX)の全13銘柄を取り扱う事となる。

なお現在、国内取引所においてクアンタムを取り扱っているのはビットバンク、GMOコイン、フォビジャパン、コインチェック、ディーカレット、DMM Bitcoin(現物のみ)となっている。

関連ニュース

ディーカレット、暗号資産クアンタム(QTUM)取り扱いへ

オーケーコインジャパン、トロン(TRX)上場へ。国内取り扱い3例目

オーケーコインジャパン、ベーシックアテンショントークン(BAT)上場へ

オーケーコインジャパン、IOST保有者への「DON」エアドロップを日本円付与で決定

参考:オーケーコインジャパン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored