インド暗号資産取引所「CoinSwitch」、コインベースやa16zらから約290億円調達

「CoinSwitch」、コインベースやa16zらから約290億円調達

インドの暗号資産(仮想通貨)取引所「CoinSwitch Kuber」がシリーズCラウンドで約290億円(2.6億ドル)の資金調達を実施したことが10月6日に分かった。

このラウンドはCoinbase VenturesとAndreessen Horowitz(a16z)がリードし、既存投資家のSequoia、Paradigm、Ribbit、Tiger Globalも参加した。

発表によれば、資金調達の結果として「CoinSwitch Kuber」の企業評価額は2,130億円(19.1億ドル)でユニコーン企業となり、インドの暗号資産関連企業としてトップになったとのことだ。

なお「CoinSwitch Kuber」のユーザー数は2020年11月に100万人、2021年5月に500万人、2021年9月に1,000万人に成長していると発表されている。

「CoinSwitch Kuber」は今回調達した資金を、インド人々が暗号資産投資を簡単で安全かつ迅速に行えるようにしていくために活用するとのことだ。

具体的には、レンディングやステーキングサービスや機関投資家向けサービスの提供を行っていきたいとのこと。そして同社はインド人の5000万人が「CoinSwitch Kuber」を利用している状態を目標にしているとのことだ。

なおインドでは暗号資産取引所「CoinDCX」も8月にCoinbase Venturesらから約100億円(9,000万ドル)の資金調達を行ない、ユニコーン企業となった。「CoinSwitch Kuber」の創業は2017年、「CoinDCX」の立ち上げは2018年であり、創業から4年ほどのスピードで2社の暗号資産取引所ユニコーン企業が生まれている状況だ。

参考:CoinSwitch Kuber
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Mykola-Lishchyshyn・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。