NFTサッカーゲーム「Sorare」、独ブンデスリーガと提携

「Sorare」が独ブンデスリーガと提携

NFTを利用したファンタジーフットボールゲームを提供するソーレア(Sorare)が、ドイツ国内プロサッカーリーグであるブンデスリーガの1部および2部と提携したことが10月6日分かった。

ソーレアの国内リーグとの提携は、先月9月に発表されたスペインのラ・リーガに続き2例目となる。またこの提携により、ゲーム内には200以上のクラブチームが登場することになるという。

発表によると今回の提携により、ブンデスリーガ1部のチームに所属する選手のNFTの販売を10月末までに行うとのこと。アイントラハト・フランクフルト所属で日本代表の鎌田大地選手のNFTカードもリリースされるようだ。なお2部については現状、NFTカードのリリース予定はないとのことだ。

またソーレアは今回のリリースの中で、新たに「Sorare NFT Moments」を発表した。公式Twitterを確認したところ「Sorare NFT Moments」は、人気NFTゲームの「NBA Top Shot」で販売されているような「選手の試合でのプレーのハイライト」をNFT化したデジタルカードとなるようだ。こちらは2022年に販売予定となっている。

パリを拠点に2018年に設立されたソーレアは、プレイヤーがサッカー選手の公式ライセンスカードを購入し、そのカードでチームを作って対戦するオンラインゲームだ。現実の試合での選手のパフォーマンスに基づいて結果が決まる仕組みになっている。NFTカードの販売量は2021年1月以降、140か国で月間7,000万ドル(約76.4億円)を突破している。

またソーレアは先月9月にソフトバンク(SoftBank)が主導する資金調達ラウンドにて6億8,000万ドル(約745.2億円)を調達しており、企業価値が43億ドル(約4,713億円)になったとされている。

ソーレアは国内においてもコインチェック株式会社が提供するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」にて、取扱いが8月より開始されている。

関連ニュース

NFTサッカーゲーム「Sorare」、スペイン国内リーグ全選手のデジタルカード発行へ

ソフトバンク、NFTサッカーゲーム「Sorare」の約745億円調達を主導

Coincheck NFT(β版)、NFTサッカーゲームSorareの取扱い開始へ

NFTサッカーゲームSorare、ベルギー代表の選手カード発行

参考:ソーレア
デザイン:一本寿和
images:iStocks/efks・msan10

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。