ソフトバンク、NFTサッカーゲーム「Sorare」の約745億円調達を主導

ソフトバンク、NFTサッカーゲームの約745億円の出資主導

NFTを利用したファンタジーフットボールゲームを提供するソーレア(Sorare)が、ソフトバンク(SoftBank)が主導する資金調達ラウンドにて6億8000万ドル(約745.2億円)を調達したことが分かった。なお元イングランド代表のリオ・ファーディナンド氏やスペイン代表のジェラール・ピケなどのサッカー選手も出資したとのことだ。

ソーレアは、この投資により自社の価値が43億ドル(約4,713億円)になったと述べている。 パリを拠点に2018年に設立されたソーレアは、プレイヤーがサッカー選手の公式ライセンスカードを購入し、そのカードでチームを作って対戦するオンラインゲームだ。現実の試合での選手のパフォーマンスに基づいて結果が決まる仕組みになっている。

これらのカードは、デジタル商品の所有状況をブロックチェーン上に記録する暗号資産の一種、ノンファンジブル・トークン(NFT)で取引されている。

2021年、NFTの市場は爆発的な成長を遂げており、コレクターズアイテムやスポーツ関連が人気となっている。

ソフトバンク・グループ・インターナショナルのミシェル・コンブ(Michel Combes)社長は、「NFTは資産の収集性、使用性、エンゲージメントにおける新しいパラダイムを表していると考えています」「物理的な資産からデジタル資産への進化は非常に強力であり、多くのエキサイティングなビジネスモデルの可能性を生み出します」とメールでのコメントにて述べたとのこと。

NFT市場のデータを追跡するウェブサイト「ノンファンジブルドットコム(NonFungible.com)」によると、ソーレアはスポーツをベースとしたNFTプラットフォームとしては最大の販売量を誇っているとのこと。今後ソーレアは米国にオフィスを開設し、サッカー以外のスポーツにも進出する予定だ。

ソーレアのCEO兼共同創業者であるニコラス・ジュリア(Nicolas Julia)氏は「私たちは、ブロックチェーンとNFTがもたらす計り知れない可能性が、サッカークラブ、サッカー選手、そしてそのファンが互いに深いつながりを体験するための新たな方法を解き放つと考えました。私たちは、これが次のスポーツエンタテインメントの巨人を生み出す大きなチャンスだと信じています」とコメントをしている。

2021年1月以降、クレジットカードと暗号資産イーサリアムでの支払いを受け付けるソーレアは、1億5,000万ドルを売り上げた。最も高価なユニークカードとなったのはクリスティアーノ・ロナウドのNFTカードで、今年3月13日に245,072ユーロ(当時約3,200万円)で購入されている。

なお今回の資金調達ラウンドは、ソフトバンクが「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」を通じて、初めてソーレアに投資したもの。

ソフトバンクのラテンアメリカファンドも出資しているが、これについてコンブ社長は、ソフトバンクが米国およびラテンアメリカのサッカーリーグとの関係や、放送局Televisa-Univisionへの投資を利用して、現地でソーレアのユーザーベースを増やすことができるからだと述べている。

ソフトバンクは、7月にNFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)への投資を主導。3月にはDeFi(分散型金融)プラットフォームのジャガーノート (Juggernaut)への投資も行っており、NFT分野に出資進出するは今回が初めてではない。 また今回のソーレアが行った増資には、ベンチャーキャピタルのアクセル(Accel)とベッセマー・ベンチャーズ(Bessemer Ventures)のほか、サッカー選手として、フランス代表のアントワーヌ・グリーズマン、スペイン代表のセサル・アスピリクエタなども参加している。

※LONDON (Reuters) Reporting by Elizabeth Howcroft; Editing by Bernadette Baum
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて翻訳及び編集加筆したものです。

関連ニュース

NFTサッカーゲーム提供Sorare、ソフトバンクらから約590億円の資金調達か

サッカーゲーム「Sorare」で使えるクリスティアーノ・ロナウドのNFTが約3,200万円で売却

デザイン:一本寿和
images:REUTERS/ Kim Kyung-Hoon / File Photo

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース