米コインベース、機関投資家向け「Coinbase Prime」正式版リリース

機関投資家向け「Coinbase Prime」が正式版リリース

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が機関投資家向けサービス「Coinbase Prime(コインベースプライム)」の正式版をリリースしたことが9月21日分かった。

「Coinbase Prime」は取引とカストディサービスを融合させた金融機関や機関投資家、暗号資産投資をする企業向けのサービスで、コインベースは5月よりベータ版を提供していた。主な特徴として、通常では時間のかかるコールドウォレットの保管資産の引き出しが、取引に利用する際にシームレスに移行が出来るとのことだ。

なおこのサービスは既に、企業としてビットコインの購入を積極的に進めているマイクロストラテジー(MicroStrategy)や米デジタル資産ヘッジファンドであるワンリバーデジタルアセットマネジメント(One River Digital Asset Management)、香港の画像加工ソフト開発企業のメイツ(Meitu・美図)が暗号資産投資の際に利用しているとのこと。

コインベースは金融庁のライセンスを取得し先月日本でもサービスを開始している。ただ現在日本ではコンシュマー向けに暗号資産販売所機能を提供するサービスと、学習することで暗号資産のリワードが得られる「Coinbase Earn」のみだ。

今後米国で提供されている板取引等が可能な「Coinbase Pro」や今回米国で正式リリースされた「Coinbase Prime」が今後日本でどのように展開されていくのかが注目だ。

関連ニュース

コインベース、機関投資家向け「Coinbase Prime」のベータ版リリース

【10分解説】企業のビットコイン市場への参入加速か? コインベースPrimeとは?

中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ChrisBoswell

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した