中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当

中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当

香港証券取引所上場の画像加工ソフト開発企業のメイツ(Meitu・美図)が1,000万ドル(約11億円)相当のビットコインを追加購入したことを発表した。

リリースによると、4月8日にメイツの子会社であるMiracle Visionを通して175.67798279BTCの追加購入が行われたとのこと。これによりメイツは計1億米ドル(約110億円)分の暗号資産(仮想通貨)を保有したことになる。

メイツは先月3月にビットコインとイーサリアムを購入しており、7日に約379BTCを1,790万ドル(約19億円)で、15,000ETHを2,210万ドル(約24億円)で購入。また17日には約386BTCを2,160万ドル(約24億円)で、16,000ETHを2,840万ドル(約31億円)で追加購入しており、今回の追加購入を含めた保有数はそれぞれ約940BTC、31,000 ETHとなる。なお今回イーサリアムの追加購入は行われていない。

またメイツの保有するビットコインとイーサリアムは「当社グループが契約している著名な暗号資産取引プラットフォームに保管され、セキュリティ対策が施されています」と記載があるが、以前発表されていたように今回の追加購入とカストディは米暗号資産取引所であるコインベース(Coinbase)が行っているようだ。 

参考:Meitu

(images:iStocks/Abscent84・m_pavlov・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行