中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当

中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当

香港証券取引所上場の画像加工ソフト開発企業のメイツ(Meitu・美図)が1,000万ドル(約11億円)相当のビットコインを追加購入したことを発表した。

リリースによると、4月8日にメイツの子会社であるMiracle Visionを通して175.67798279BTCの追加購入が行われたとのこと。これによりメイツは計1億米ドル(約110億円)分の暗号資産(仮想通貨)を保有したことになる。

メイツは先月3月にビットコインとイーサリアムを購入しており、7日に約379BTCを1,790万ドル(約19億円)で、15,000ETHを2,210万ドル(約24億円)で購入。また17日には約386BTCを2,160万ドル(約24億円)で、16,000ETHを2,840万ドル(約31億円)で追加購入しており、今回の追加購入を含めた保有数はそれぞれ約940BTC、31,000 ETHとなる。なお今回イーサリアムの追加購入は行われていない。

またメイツの保有するビットコインとイーサリアムは「当社グループが契約している著名な暗号資産取引プラットフォームに保管され、セキュリティ対策が施されています」と記載があるが、以前発表されていたように今回の追加購入とカストディは米暗号資産取引所であるコインベース(Coinbase)が行っているようだ。 

参考:Meitu

(images:iStocks/Abscent84・m_pavlov・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored