エルサルバドルがビットコイン150BTC追加購入、累計700BTCに

エルサルバドルがビットコイン150BTC追加購入

エルサルバドル政府が150BTCを追加購入したことが分かった。20日エルサルバドルの大統領ナジブ・ブケレ(Nayib Bukele)氏がツイッターで明かした。

なおエルサルバドル政府はこれまで6日に400BTC、その後7日間で追加で150BTC購入しており、今回の購入で合計700BTC保有していることになった。

 エルサルバドルは9月7日よりビットコインを法定通貨にしたことで、注目を集めている。 またエルサルバドル政府は国内でビットコインを普及させるために、ここ数週間でいくつかの取り組みを行っている。ビットコイン専用のデジタルウォレット「Chivo(チボ)」の運営や、ビットコインATMの設置だ。

現在160万人のエルサルバドル人が「Chivo」を使用していることが、ナジブ・ブケレ大統領の21日のツイートで分かっている。 ただエルサルバドル政府のビットコイン法定通貨化後も、それに反対する国民のデモが発生しており、ビットコインATMが破損されるような事態も起こっているようだ。

参考:ナジブ・ブケレ氏
images:REUTERS/Jose Cabezas/File Photo

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている