a16zらがイールドギルドゲームスへ投資、NFTゲームで「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」を加速

a16zらがイールドギルドゲームスへ投資、NFTゲームで「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」を加速

NFTゲームコミュニティ運営のイールド・ギルド・ゲームス(Yield Guild Games:YGG)が約5億円(460万ドル)の資金調達を行なったことを8月19日に発表した。この資金調達はトークン取引によって実施された。なおこの取引は7月27日のYGGトークンセールに先立って確定したものとのこと。

YGGはNFTゲームで「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」を実現するため、ユーザーにNFTを貸すサービスを提供している。YGGがNFT貸し出しを行ういくつかのゲームの中で、現在「Play-to-Earn」を実現していると話題なのはNFTゲーム「アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)」だ。

同ゲームでフィリピンの貧困層の間で「Play-to-Earn」を実現した事例が多数報じられている。なおこれまでのアクシー・インフィニティの累計売上は約1,500億円だ。

今回のYGGの資金調達は、アンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz:a16z)が主導し、Kingsway Capital、Infinity Ventures Crypto、Atelier Ventures、そしてゲーム起業家のGabriel Leydon氏などが参加した。

YGGが調達した資金は「Play-to-Earn」のエコシステムにおいてゲームやバーチャル世界のデジタル資産への投資を継続するとともに、45,000人を超えるゲーマーのグローバルコミュニティを拡大するために使用される予定とのことだ。

なお今回YGGに投資したa16zは今年6月、ブロックチェーンとデジタルアセットのスタートアップへの投資に特化した約2,400億円(22億ドル)規模のファンドを発表している。

参考:イールド・ギルド・ゲームス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother・PerlaStudio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/18話題】UST・LUNA発行元の法務担当辞任、G7が暗号資産規制を議論かなど(音声ニュース)

UST・LUNAのテラフォームラボ、渦中に法務担当3名が辞任か、G7財務相会議で暗号資産規制を議論か、仏中銀総裁が発言、ロビンフッド、暗号資産ウォレットアプリ開発へ、EYとPolygon、パブリックチェーン向けサプライチェーントレーサビリティサービス、アニモカブランズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』をNFT化し世界展開へ、パクソスとステートストリートが提携、株式決済インフラ試験統合、米ユニバーサルミュージック全アーティスト、LimeWireでNFT販売可能に、フットサルFリーグ「名古屋オーシャンズ」、FiNANCiEでトークン発行、USTのテラフォームラボCEO、テラ(LUNA)ハードフォーク第2案を提案、Twitch共同創業者設立web3企業メタセオリー、a16zらから約31億円調達、ソラナ財団主催イベント「Solana Hacker House」が東京で開催へ

Sponsored

アニモカブランズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』をNFT化し世界展開へ

アニモカブランズジャパンが、IGポートのグループ企業プロダクション・アイジー(Production I.G )およびウィットスタジオよりライセンス許諾をうけ、同社らが制作するアニメーション作品のNFT活用をグローバル展開することが分かった