米銀行ウェルズ・ファーゴがビットコインファンド組成へ

米銀行ウェルズ・ファーゴがビットコインファンド組成へ

米大手銀行ウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo)が富裕層顧客層向けのビットコインファンド「FS NYDIG Bitcoin Fund I」を組成することが、SEC提出資料により8月19日に明らかになった。

ウェルズ・ファーゴは投資サービス会社NYDIGとFS Investments協力し、このファンドを組成している。なおファンドの運用額は公表されていない。

ウェルズ・ファーゴは、カリフォルニア州サンフランシスコに本社がある銀行で、米国で最も支店数が多い金融機関となっている。大手銀行のビットコインファンド提供は、今年4月に発表されたモルガン・スタンレーのファンドに続き、2例目となる。

参考:SEC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察