L1ブロックチェーン開発「Aptos」、FTXやJump Cryptoらから約204億円調達

Aptos、FTXやJump Cryptoらから約204億円調達

レイヤー1ブロックチェーンを開発するアプトス(Aptos)が、1.5億ドル(約204億円)の資金調達を実施したことを7月25日発表した。

この資金調達は、FTX ベンチャーズ(FTX Ventures)とジャンプ・クリプト(Jump Crypto)が主導し、アポロ(Apollo)、グリフィン・ゲーミングパートナーズ(Griffin Gaming Partners)、フランクリン・テンプルトン(Franklin Templeton)、サークルベンチャーズ(Circle Ventures)、スーパーズ・クリプト(Superscrypt)、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z crypto)、マルチコイン・キャピタル(Multicoin Capital)らが参加した。

アプトスのメンバーは、メタ(旧フェイスブック)のデジタル資産事業のディエム(Diem)やノビ(Novi)の開発を支えてきた人材で構成されている。創業者はモー・シャイフ(Mo Shaikh)氏と、エイブリー・チン(Avery Ching)氏。

なお3月にアプトスはテストネットワーク「Devnet」をオープンソースの形でローンチした。そしてアプトスの開発言語はメタのディエムが開発した「Move」が採用されている。

またアプトス上では、次世代ソーシャルメディアプラットフォーム、NFTサービス、web3ゲーム、メディアやエンターテイメントビジネス、決済基盤、DeFi(分散型金融)と統合されたフィンテックプロダクトなどの構築が進められているという。

アプトスの創業者でCTOのエイブリー・チン氏は、資金調達に際してツイートで次のようにコメントしている。

「オールスターである投資家パートナーの皆さんと一緒にweb3インフラを構築することで、開発を加速させられることが非常に嬉しいです。安全でスケーラブルかつアップグレード可能なweb3インフラをすべての人に提供するという私たちのミッションを達成するために、このような豪華なパートナーと共に構築できることをとても楽しみにしています」

なおアプトスは今年の3月にa16z cryptoが主導した資金調達ラウンドで、2億ドル(約230億円)を調達している。

そのラウンドに参加したマルチコインキャピタルは、アプトスへの出資について「重要なのはメタやディエムが、アプトスに出資していないことです。デービット・マーカス氏やマーク・ザッカーバーグ氏、そして現在のメタのリーダーも含めて、メタの誰もこのプロジェクトに投資していません。その割り切りは重要です」とブログで説明していた。

参考:Aptos
images:iStocks/BadBrother
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。