FCバルセロナ、ヨハンクライフ伝説のゴールシーンNFTをサザビーズに出品

FCバルセロナがNFTをオークション販売へ

スペインのサッカークラブ「FCバルセロナ」が、クラブ初となるNFTコレクション「In A Way, Immortal(ある意味、不滅)」をオークション販売することが7月21日分かった。

このNFTは、同クラブに1978年まで所属していたサッカー選手のヨハン・クライフ(Johan Cruyff)氏が、1973年のアトレティコ・マドリードFC戦で、空中を飛ぶようにアクロバティックな得点を決めた伝説のゴールシーンを再現したものだ。

なおこのNFTはBCNビジュアルズ(BCN Visuals)とのコラボレーションにより制作された。

「In A Way, Immortal」には1点の動画版NFTと、その動画の静止画によるNFTが4点ある。

発表によると、これらNFTは米オークション・ハウスのサザビーズ(Sotheby’s)にてオークションにかけられる予定だ。オンラインでの入札は7月20日に開始しており、7月29日13:00(東部標準時)よりサザビーズ現地からライブオークションが行われるとのこと。

記事執筆時点(202272612:30)でのオンライン入札は、65,000ドル(約887万円)となっている。

決済方法については暗号資産(仮想通貨)のビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、USDコイン(USDC)、ポルカドット(DOT)または法定通貨が利用できるとのことだ。

NFTの購入者については「バルサデジタルアンバサダー」に任命されるとのこと。これにより購入者には、ミーティングや挨拶会(Meet&Greets)への参加、FCバルセロナの育成組織であるラ・マシアへの訪問、バルセロナのホームスタジアムである「スポティファイ・カンプノウ(Spotify Camp Nou)」でのプレー権、フレンドリーマッチ前の公式ボールハンドリングなどといった特典や体験が提供される予定だという。

なお「In A Way, Immortal」はFCバルセロナがリリースする予定の全10点のNFTシリーズの最初の作品となる。それぞれのNFTコレクションは、FCバルセロナの象徴的な瞬間や選手を取り上げ、今後数ヶ月間にわたって順次発表されるとのことだ。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

アートオークション大手クリスティーズがweb3ファンド発表、LayerZeroへ出資

メッシ、チリーズ「Socios .com」グローバルブランドアンバサダーに

FCバルセロナ、NFTマーケットプレイス「Ownix」と提携中止

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

「NFTはどんな未来を作るか?」(Tokyo Otaku Mode 安宅基/paji. eth 後編)


参考:バルセロナサザビーズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/mel-nik

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ