FCバルセロナ、NFTマーケットプレイス「Ownix」と提携中止

FCバルセロナ、オーニックスとの契約中止

スペインのサッカークラブ「FCバルセロナ」が、NFTプラットフォームのオーニックス(Ownix)との契約を中止することを11月18日発表した。FCバルセロナはオーニックスと提携し、11月25日にクラブのNFTをオークションにて販売することを先日4日に発表していた。

FCバルセロナは「本日受け取った情報がクラブの価値観に反するものであったことから、FCバルセロナは、NFTデジタルアセットの作成およびマーケティングに関するオーニックスとの契約を即日解除することをここに通知します」と声明を出している。

複数のメディアの報道によると、この「受け取った情報」とは、声明発表同日にイスラエルの暗号資産(仮想通貨)業界で大物とされる人物、モシェ・ホゲグ(Moshe Hogeg)氏が暗号資産の詐欺や攻撃などの容疑で逮捕されたことに関連しているとのこと。ボゲグ氏とオーニックスとの関係が報じられている。

なおFCバルセロナではブロックチェーン・暗号資産に関わる取り組みとして、ファンエンゲージメントプラットフォームのソシオスドットコム(Socios.com)と提携をしており、公式ファントークンの発行を行っている。このファントークンは今年4月21日に暗号資産取引所のバイナンス(Binance)にて取り扱いが開始されている。

またNFTサッカーゲームを提供するソーレア(Sorare)との連携も行っており、ゲームに使用される所属選手のNFTカードの発行も行っている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

参考:バルセロナ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia Moor

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored