DEXのCurve、イーサリアムL2のOptimismに100万OP配布を申請

Curveが、Optimismに100万OPの配布申請

イーサリアム(Ethereum)基盤の分散型金融(DEX)カーブファイナンス(Curve Finance)が、レイヤー2ソリューションのオプティミズム(Optimism)に対し、エコシステム拡大に向けた助成金としてオプティミズムのガバナンストークン100万OPの配布を申請したことが7月25日分かった。

オプティミズムはカーブファイナンスの申請に対し、「カーブは、急成長するDeFi(分散型金融)業界のバックボーンです。カーブは流動性を増やすためスケーラブルなL2を必要としています。この点でオプティミズムは理想的なパートナーです」と積極的にサポートしていく姿勢を見せている。

カーブファイナンスは配布された際の100万OPについて、「カーブファイナンス上の流動性プロバイダーにインセンティブとして100%供給する」とし、また20週にわたって1週間5万OPずつ分配すると説明している。なおインセンティブの対象となるプールはsUSD、sETH、sBTCとのことだ。

カーブファイナンスによるとOPの分配については「ゲージウェイトメカニズム(Gauge Weight Mechanism)」を採用するとのこと。このメカニズムは、カーブファイナンスのガバナンストークン「CRV」をプールへ分配する際に利用されている。

仮に「CRV」のプールごとの分配の割合が、sUSDプールに5,000CRV、sETHプールに3,000CRV、sBTCプールに2,000CRVとなった時、「OP」の分配は以下のようになるとのことだ。

(5,000 / 10,000) * 50,000 = 25,000 OPをsUSDプールに分配
(3,000 / 10,000) * 50,000 = 15,000 OPをsETHプールに分配
(2,000 / 10,000) * 50,000 = 10,000 OPをsBTCプールに分配

オプティミズムは、イーサリアム(Ethereum)のL2ソリューションである「Optimistic Rollup」を開発している企業だ。プラズマグループ(Plasma Group)メンバーが2019年12月に設立した。その他のレイヤー2ソリューション「Arbitrum」と同様に、ユニスワップ(uniswap)など、複数のDeFi(分散型金融)プロトコルで採用されている。

関連ニュース

FTXグローバル、イーサリアムL2「Optimism(OP)」を先物で取扱開始

イーサリアムL2のOptimism、OPトークンのエアドロップ開始

米コインベース、イーサリアムL2「Optimism(OP)」上場へ

イーサリアムL2開発Optimism、Paradigmやa16zから約178億円調達

参考:Optimism
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt・wacomka

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も