DEXのCurve、イーサリアムL2のOptimismに100万OP配布を申請

Curveが、Optimismに100万OPの配布申請

イーサリアム(Ethereum)基盤の分散型金融(DEX)カーブファイナンス(Curve Finance)が、レイヤー2ソリューションのオプティミズム(Optimism)に対し、エコシステム拡大に向けた助成金としてオプティミズムのガバナンストークン100万OPの配布を申請したことが7月25日分かった。

オプティミズムはカーブファイナンスの申請に対し、「カーブは、急成長するDeFi(分散型金融)業界のバックボーンです。カーブは流動性を増やすためスケーラブルなL2を必要としています。この点でオプティミズムは理想的なパートナーです」と積極的にサポートしていく姿勢を見せている。

カーブファイナンスは配布された際の100万OPについて、「カーブファイナンス上の流動性プロバイダーにインセンティブとして100%供給する」とし、また20週にわたって1週間5万OPずつ分配すると説明している。なおインセンティブの対象となるプールはsUSD、sETH、sBTCとのことだ。

カーブファイナンスによるとOPの分配については「ゲージウェイトメカニズム(Gauge Weight Mechanism)」を採用するとのこと。このメカニズムは、カーブファイナンスのガバナンストークン「CRV」をプールへ分配する際に利用されている。

仮に「CRV」のプールごとの分配の割合が、sUSDプールに5,000CRV、sETHプールに3,000CRV、sBTCプールに2,000CRVとなった時、「OP」の分配は以下のようになるとのことだ。

(5,000 / 10,000) * 50,000 = 25,000 OPをsUSDプールに分配
(3,000 / 10,000) * 50,000 = 15,000 OPをsETHプールに分配
(2,000 / 10,000) * 50,000 = 10,000 OPをsBTCプールに分配

オプティミズムは、イーサリアム(Ethereum)のL2ソリューションである「Optimistic Rollup」を開発している企業だ。プラズマグループ(Plasma Group)メンバーが2019年12月に設立した。その他のレイヤー2ソリューション「Arbitrum」と同様に、ユニスワップ(uniswap)など、複数のDeFi(分散型金融)プロトコルで採用されている。

関連ニュース

FTXグローバル、イーサリアムL2「Optimism(OP)」を先物で取扱開始

イーサリアムL2のOptimism、OPトークンのエアドロップ開始

米コインベース、イーサリアムL2「Optimism(OP)」上場へ

イーサリアムL2開発Optimism、Paradigmやa16zから約178億円調達

参考:Optimism
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt・wacomka

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored