ビットポイントジャパン、「カルダノ(ADA)」ステーキングサービス開始へ

ビットポイントジャパンがADAのステーキングサービスを開始

暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットポイント(BITPOINT)ジャパン」が、暗号資産「カルダノ:Cardano(ADA)」のステーキングサービスを開始したことが7月27日分かった。

ステーキングとは、対象となる暗号資産を保有したユーザーが、ブロックチェーンのネットワークにそのトークンを預け入れてネットワークに貢献することで、対価としてトークンの報酬が得られる仕組みのことだ。

なお同社のサービスでは、ビットポイントジャパンにステーキング対象暗号資産を預けておくだけで毎月報酬がもらえ、ユーザー自身で特別な手続きをする必要はないとのこと。

現在ビットポイントジャパンで提供するステーキング対象銘柄はADAのみとなる。

ADAのステーキングサービスの開始日は発表日の27日となる。ステーキング報酬額は、変動制で年率3.5%〜5.3%程度の見込となっている。また手数料は当面無料とのこと。

報酬の配布日時は毎月24日定期メンテナンスの終了後となる。なお申込と解約の手続きはないとのことだ。

国内取引所ではビットポイントジャパンの他、GMOコインがTezos(XTZ)、シンボル(XYM)、ADAのステーキングサービスを提供している。またOKCoinJapan(オーケーコインジャパン)がアイオーエスティー(IOST)のステーキングサービスを提供し、クラーケンジャパンがイーサリアム(ETH)とポルカドット(DOT)のステーキングサービスを提供。コイントレード(CoinTrade)はパレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)、カルダノ(ADA)、ポルカドット(DOT)のステーキングサービスを提供している。

なお以前にはコインチェックとビットフライヤーがリスク(LSK)のステーキングサービスを提供していたが、現在はサポートを停止している。

関連ニュース

コイントレード、PLT・IOST・ADA・DOTのステーキング提供開始へ

コイントレードがカルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)取扱いへ

GMOコイン、「カルダノ(ADA)」のステーキングサービス開始へ

ビットポイント、イーサリアムのレバレッジ取引開始

【取材】ビットポイント、国内初のCardano(ADA)上場へ(代表取締役社長 小田玄紀氏へインタビュー)

参考:ビットコイン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した