コイントレードがカルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)取扱いへ

コイントレードがADA、PLT、IOST取扱いへ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コイントレード(CoinTrade)が、新たに暗号資産カルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)の3銘柄を取り扱うことが6月28日分かった。

発表によると3銘柄の取り扱いは、近日中に開始するとのことだ。

現在コイントレードでは、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)を取り扱っており、新規上場の3銘柄が加わることで取扱い暗号資産銘柄は全部で8種類となる予定だ。

カルダノは、元イーサリアムの開発に関わったチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinso)氏がCEOを務めるインプット・アウトプット・グローバル(Input Output Global:IOG)とカルダノ財団(Cardano Foundation)によって開発されたレイヤー1パブリックブロックチェーンだ。コンセンサスアルゴリズムは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用している。

パレットトークンは昨年7月に「Coincheck IEO」を利用して国内で初めてIEO(Initial Exchange Offering)を経てコインチェックに上場した。PLTは、エンターテインメント領域に特化したNFTプラットフォーム「Palette」などで活用されるトークンだ。PLTが国内で取り扱われるのはコインチェック、オーケーコインジャパンに続きコイントレードが3例目となる。

IOSTは、独自のコンセンサスアルゴリズムPoB(Proof-of-Believability)を採用しており、安全性を保ちながら、高速で拡張性の高いブロックチェーン上での送受金やDApps(分散型アプリケーション)の開発・利用を実現している。また、多くのWebサービスで活用されているJavaScriptでのDappsの開発ができるのも特長の1つである。

ネイティブトークンのIOSTは、IOST財団(Internet of Services Foundation)が発行しており、IOSTブロックチェーン上で使用される。

関連ニュース

ポイ活でビットコイン、モッピーでの獲得ポイントがXRP、LTC、BCHにも交換可能に

ポイ活でビットコイン、モッピーでの獲得ポイントが暗号資産に交換可能に

ディープコイン(DEP)、フォビグローバルに上場へ

国内初、クラーケンジャパンで「元素騎士メタバース(MV)」上場

クリプトスペルズが「TCG-verse」へ、「Oasys」のL2に独自チェーン開発

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored