ポイ活でビットコイン、モッピーでの獲得ポイントが暗号資産に交換可能に

モッピーでの獲得ポイントが暗号資産に交換可能に

株式会社マーキュリーが株式会社セレス運営のポイントサイト「モッピー」において、モッピーポイントを暗号資産(仮想通貨)に交換するサービスを開始したことを7月15日発表した。

マーキュリーは今年2月17日に正式に暗号資産交換業者の登録を完了し、3月15日に暗号資産販売所「CoinTrade(コイントレード)」のサービスを開始した。

また「モッピー」は広告利用・ゲーム・アンケート・動画視聴など豊富なコンテンツによりポイントが貯まるサービスだ。サイト内で獲得したポイントは1P=1円相当で、Tポイントなどの各種電子マネー、iTunes ギフトなどの各種ギフト券、暗号資産のビットコイン、航空マイルの JALマイル、銀行振込を通じて現金など 30 種類以上のサービスに交換が可能である。

今回のサービスにより、1モッピーポイントを1円として500ポイントから暗号資産に交換が可能となるという。交換対象の暗号資産についてはビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)となっている。

リリースによると交換単位は500Pからで最大20,000Pまで交換が出来るようだ。交換日数は1~4日となっているが、手数料は無料とのこと。

なおモッピーポイントと暗号資産の交換にはCoinTradeにて口座開設が必要となる。

参考:CoinTrade
デザイン:一本寿和
images:iStocks/m_pavlov・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/5話題】OasysがtofuNFTと提携、マスターカードがCrypto Secureローンチなど(音声ニュース)

【取材】ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、tofuNFTと提携、マスターカード、暗号資産取引の安全性を高める「Crypto Secure」ローンチ、ブロックチェーンゲームのホライゾンが約58億円調達、SFTマーケをローンチへ、NFTの第3四半期売上高が急減、第2四半期比で60%減、スイスのルガーノ市、マクドナルドでビットコイン・USDT・LVGA支払可能に、フィデリティ、イーサリアム(ETH)のインデックスファンド提供開始、FTXグローバル、「Mycelium(MYC)」と「GMX(GMX)」取り扱いへ、バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ、Bリーグの青森ワッツ、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored