ディープコイン(DEP)、フォビグローバルに上場へ

ディープコインがフォビグローバルに上場へ

暗号資産(仮想通貨)ディープコイン:DEAPcoin(DEP:デップ)が、 海外大手暗号資産取引所フォビグローバル(Huobi Global)に上場することが分かった。日本時間6月30日12:00に上場する予定だ。

フォビグローバルでのディープコイン取り扱いは、DEP/USDTの取引ペアにてサポートされると発表されている。なおフォビグローバルは日本居住者は利用できない。

ディープコインは、グローバルでGameFiプラットフォーム事業を展開する「Digital Entertainment Asset Pte. Ltd. (DEA)」が発行する暗号資産だ。同社のゲームプラットフォーム「PlayMining(プレイマイニング)」では、職業をテーマにしたNFTカードバトルゲーム『JobTribes(ジョブトライブス)』などの「Play to Earn(遊ぶことで稼げる)」ゲームが提供されている。それらのゲーム内でディープコインの獲得や、ディープコインを利用してのNFTの購入が可能になっている。なお「PlayMining」はサービスインして約2年で、すでに世界で100カ国以上240万人ユーザーを抱えていると発表されている。

現在ディープコインは国内においてビットポイント(BITPOINT)で取引ができる。海外ではゲート(Gate.io)やビットトレックス(Bittrex)、オーケーエックス(OKX)、エムイーエックスシー(MEXC)などの取引所でも取り扱われている。

関連ニュース

【解説】日本でも安心して遊べる!Play to Earnゲームプラットフォーム「PlayMining」と「DEAPcoin(DEP)」とは?

「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が

遊んで稼げるだけじゃない、世界の誰かを助けられる「web3ゲーム」の可能性(DEA 山田耕三 / 前編)

【取材追記】国内初、ビットポイントでDEAのディープコイン(DEP)上場へ

フォビグローバル、web3投資部門「IvyBlocks」立ち上げ


参考:DEA
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ