「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が

DEAのP2Eゲーム「PlayMining」で若者支援

「遊んで稼ぐ(Play to Earn:P2E)」型のゲームプラットフォーム「PlayMining」が、若者支援に利用されることが6月22日分かった。家庭内不和・経済的困難・不登校など様々な境遇にある10代の孤立を解決する認定NPO法人「D×P(ディーピー)」による取り組みとなる。

「PlayMining(プレイマイニング)」は、シンガポール拠点の「Digital Entertainment Asset Pte. Ltd. (DEA)」が手がけるゲームプラットフォームだ。一定のプレイに沿って暗号資産「DEAPcoin(DEP)」と交換可能なポイントが入手でき、それで得た「DEAPcoin」は、国内暗号資産取引所「BITPOINT」で取引ができる。そのため「DEAPcoin」獲得により日本円を得ることも可能だ。

この取り組みでは具体的に、投資家が所有する「PlayMining」上のデジタル資産・ゲームアイテムのNFTを「D×P」に貸与することで、「D×P」はPlay to Earnゲームにより獲得した報酬を団体の運営資金として活用するという。また報酬の一部をゲームをプレイしてくれた若者に還元する計画もあるとのことだ。

DEAは『この取り組みは、Play to Earnゲームを通して、若者が「自分でお金を稼ぐ経験」を積み、社会的自立への一歩を踏み出すきっかけとなることが期待されています』とコメントしている。

また以前より高校生の高卒資格取得を支援するNPO法人「⾼卒⽀援会」も、DEAの「PlayMining」を活用している。

関連ニュース

遊んで稼げるだけじゃない、世界の誰かを助けられる「web3ゲーム」の可能性(DEA 山田耕三 / 前編)

クリプトアートのパイオニアKevin Abosch氏参加、グラコネのkizuna NFTチャリティープロジェクト第2弾発表

【解説】日本でも安心して遊べる!Play to Earnゲームプラットフォーム「PlayMining」と「DEAPcoin(DEP)」とは?

【取材追記】国内初、ビットポイントでDEAのディープコイン(DEP)上場へ

【取材】GameFi事業のDEA、約14億円の資金調達実施

参考:DEA

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored