フォビグローバル、web3投資部門「IvyBlocks」立ち上げ

フォビグローバルが投資部門「IvyBlocks」立ち上げ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所フォビグローバル(Huobi Global)が、web3およびDeFi(分散型金融)プロジェクトへ投資を行う、「アイビーブロックス(IvyBlocks)」部門を立ち上げたことが6月10日分かった。

「アイビーブロックス」では、プロジェクトに対し資金投資を行う他、主に次の3つのコアサービスを提供する発表されている。

1つは「流動性投資部門(Liquidity Investment Department)」で、DeFiマイニング(流動性マイニング)や収入の集約に利用するための資産管理プラットフォームを提供するという。

2つ目は、革新的なブロックチェーン・暗号資産分野のインキュベーションを行う「アイビーラボ(Ivy Labs)」。そして3つ目の「アイビーリサーチ(Ivy Research)」では、専門チームによるレポートを提供するとのこと。

なお「アイビーブロックス」の投資運用額は10億ドル(約1,348億円)だとコインテレグラフが報じている。さらに同メディアでは、コンテンツプラットフォーム「キューブ(CUBE)」のブロックチェーン上に構築された自動マーケットメーカー(AMM)のカプリコーンファイナンス(Capricorn Finance)が、「アイビーブロックス」最初の出資先プロジェクトとして選定されたと報じられている。

関連ニュース

フォビグローバル、ラテンアメリカの暗号資産取引所Bitex買収

フォビグローバル、中国で暗号資産デリバティブ取引を禁止に

OpenSea、投資部門と助成プログラム立ち上げ

ソラナ(SOL)、韓国web3新興企業向けに130億円規模ファンド立ち上げ=報道

OKX、WAX StudiosのP2Eゲーム事業に約13億円投資

参考:アイビーブロックス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている