フォビグローバル、web3投資部門「IvyBlocks」立ち上げ

フォビグローバルが投資部門「IvyBlocks」立ち上げ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所フォビグローバル(Huobi Global)が、web3およびDeFi(分散型金融)プロジェクトへ投資を行う、「アイビーブロックス(IvyBlocks)」部門を立ち上げたことが6月10日分かった。

「アイビーブロックス」では、プロジェクトに対し資金投資を行う他、主に次の3つのコアサービスを提供する発表されている。

1つは「流動性投資部門(Liquidity Investment Department)」で、DeFiマイニング(流動性マイニング)や収入の集約に利用するための資産管理プラットフォームを提供するという。

2つ目は、革新的なブロックチェーン・暗号資産分野のインキュベーションを行う「アイビーラボ(Ivy Labs)」。そして3つ目の「アイビーリサーチ(Ivy Research)」では、専門チームによるレポートを提供するとのこと。

なお「アイビーブロックス」の投資運用額は10億ドル(約1,348億円)だとコインテレグラフが報じている。さらに同メディアでは、コンテンツプラットフォーム「キューブ(CUBE)」のブロックチェーン上に構築された自動マーケットメーカー(AMM)のカプリコーンファイナンス(Capricorn Finance)が、「アイビーブロックス」最初の出資先プロジェクトとして選定されたと報じられている。

関連ニュース

フォビグローバル、ラテンアメリカの暗号資産取引所Bitex買収

フォビグローバル、中国で暗号資産デリバティブ取引を禁止に

OpenSea、投資部門と助成プログラム立ち上げ

ソラナ(SOL)、韓国web3新興企業向けに130億円規模ファンド立ち上げ=報道

OKX、WAX StudiosのP2Eゲーム事業に約13億円投資

参考:アイビーブロックス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した