ソラナ(SOL)、韓国web3新興企業向けに130億円規模ファンド立ち上げ=報道

ソラナが130億円規模のファンドを立ち上げ

ソラナ財団(Solana Foundation)およびソラナラボ(Solana Labs)の投資部門ソラナベンチャーズ(Solana Ventures)が、韓国のweb3スタートアップ向けに1億ドル(約133億円)規模のファンドを立ち上げたことが分かった。ソラナ財団がTechCrunchの記事を引用リツイートする形で報告している。

ソラナラボのゲーム部門ゼネラルマネージャーであるジャニー・リー(Johnny Lee)氏へのTechCrunchのインタビューによると、このファンドでは主に韓国のゲームスタジオ、ゲームファイ(GameFi)、NFT、分散型金融(DeFi)などの分野への投資を行うとのこと。

またリー氏によると韓国のゲーム産業の大部分はweb3に移行しているとのこと。また韓国ではゲームとNFTがソラナブロックチェーンの活動の大部分を占めていることから、この分野がweb3に自然に適合していると述べているという。

なおソラナ・ベンチャーズは昨年12月、NFTゲーム分野への投資を目的とした1億5000万ドル(約170億円)規模のファンドをゲーム企業のフォルテ(Forte)およびグリフィン・ゲーミング・パートナーズ(Griffin Gaming Partners)と共同で立ち上げている。

関連ニュース

【解説動画】時価総額5位に大躍進した「ソラナ(SOL)」とは?(Solana Foundation ビール依子氏)

ソラナ(Solana)が170億円規模のファンド立ち上げ、NFTゲーム企業らと共同で

「FTX. US」、ソラナ(Solana)基盤のNFTマーケットプレイスをローンチ。今後イーサリアムも対応

Webブラウザ「Brave」のウォレット、ソラナ(SOL)に対応

OpenSea、ソラナ(SOL)基盤のNFTを4月取扱へ

参考:TechCrunch
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した