セールスフォース、「NFT Cloud」パイロット版ローンチ

セールスフォースが「NFT Cloud」パイロット版ローンチ

SaaS大手のセールスフォース(Salesforce)が、「NFT Cloud」のパイロット版を6月9日に発表した。「NFT Cloud」は、ブランド(企業)が直接NFTをミント(鋳造/発行)、管理、販売し、顧客データを安全に扱うことができるクラウドサービスだという。

「NFT Cloud」は、環境面を配慮し、PoW(プルーフオブワーク)型のブロックチェーンをサポートしないとしており、具体的にどのブロックチェーン基盤と連携しているかは、明らかになっていない。

また「NFT Cloud」は、利用するブロックチェーンに関連するCO2排出量を自動的に計算し、ユーザーが信頼できる高品質のカーボンクレジットによって排出量を相殺できるようにするとのことだ。さらに「Crypto Climate Accord」などの組織と協力し、web3における持続可能性を推進していく方針だ。

これまでセールスフォースは、投資家としてweb3領域へ関わっていた。例えば、セールスフォースはブロックチェーンBIツール開発のTRM Labsや機関投資家向けステーキングツール開発のブロックデーモン(Blockdaemon)へ投資を行なっている。

参考:セールスフォース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am・noLimit46

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した