テザーUSDT、テゾス(Tezos)上で発行へ

USDTがテゾス(Tezos)ブロックチェーン上で発行へ

米ドルペッグのステーブルコイン「テザー(USDT)」が、テゾス(Tezos)ブロックチェーン上で発行されることが6月9日分かった。

テゾスは、スマートコントラクトを実装できるPoS(Proof of Stake)型のブロックチェーンだ。テゾスのトークンXTZの時価総額は現在約2680億円。XTZは日本でもビットフライヤー、DMM Bitcoin、GMOコインといった複数の取引所で取り扱いがある。

USDTをテゾスで発行することにより、テゾス上で構築されている分散型金融(DeFi)エコシステムを拡大させる狙いがあるとのことだ。

また発表では、現在のUSDTが時価総額が720億ドル(9,6兆円)を超えており、テゾスで発行されているステーブルコインでは時価総額最大のステーブルコインになると説明されている。

なおUSDTは現在、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン:(Polygon)、ソラナ(Solana)、クサマ(Kusama)、アルゴランド(Algorand)、イオス(EOS)、リキッドネットワーク(Liquid Network)、オムニ(Omni)、トロン(Tron)、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)、アバランチ(Avalanche)など12種類のネットワークで発行されている。

またテザー社は米ドルの他にも、ユーロやオフショア人民元、ゴールドにペッグされたステーブルコインをすでに発行している。これらはテザーの準備金によって100%裏付けられているという。

USDTは5月27日に「ポリゴン:Polygon(MATIC)」のブロックチェーン上で発行が開始されている。またテザー社は5月26日に新たにメキシコペソとペッグしたステーブルコイン「MXNT」をローンチしている。

関連ニュース

テザーUSDT、ポリゴン(MATIC)上で発行

「USDT」のテザー、メキシコペソのステーブルコイン「MXNT」ローンチ

テザーUSDT、クサマネットワーク(KSM)上で発行

スイスのルガーノ市、税や公共料金のビットコイン、USDT、LVGA支払に向けテザーと提携

ユーロテザー(EURT)、FTXに上場へ

参考:テザー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Vit_Mar・PerlaStudio・artacet

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored