スイスのルガーノ市、税や公共料金のビットコイン、USDT、LVGA支払に向けテザーと提携

スイス、ルガーノ市が公共料金にビットコイン支払い導入する動き

スイス連邦南部ティチーノ州の州都であるルガーノ市で、「ビットコイン(BTC)」と米ドルペッグのステーブルコイン「テザー(USDT)」、スイスフラン連動型ステーブルコイン「LVGA Points token(LVGA)」を、同市の公共料金などの支払い手段に採用する動きがあることが分かった。

ルガーノ市は3月3日、USDTを発行するテザー(Tether)とのブロックチェーン導入のための欧州中核拠点の設立に向け、覚書(MOU)を締結した。

今回覚書締結により、ルガーノ市でブロックチェーン技術の導入を促進し、ヨーロッパ全体のブロックチェーン導入の新たなハブとして推進するという目標に向け、協力して取り組んでいくとのことだ。

具体的には近い将来、ルガーノ市の市民や企業が税金や手数料、公共機関が提供するサービスをBTC、USDT、LVGAでも支払えることを目指すとしている。これによりルガーノ市は世界で初めて完全な暗号資産決済システムを導入する都市を目指すようだ。

またルガーノ市は、テザーや他のサービスプロバイダーと共に、既存の決済サービスとビットコイン及び利用可能なステーブルコインの統合を希望する地元企業に対し、技術インフラを提供するとのこと。

決済サービスを統合するソリューションとしては、ビットコインブロックチェーンのオフチェーン・スケーリングソリューションである「ライトニングネットワーク」が想定されているとのことだ。

さらにルガーノ市は、テザーを筆頭に主要な暗号資産企業と300万スイスフラン(約3.7億円)規模のファンドを立ち上げる予定であることも発表している。このファンドは現地でブロックチェーンサービス構築に注力するスタートアップ企業による資金調達の支援を目的としているとのことだ。

またテザーは、現地の大学や研究機関と提携し、ブロックチェーン技術に関する新しい世代の教育や育成の分野で、奨学金の提供など、経験と知識を提供し、今年10月には、コミュニケーションの自由と金融をテーマにした「ビットコイン・ワールド・フォーラム」をルガーノ市で開催するとのこと。

このイベントでは金融ディスインターメディア、金融サービスへのアクセス性、銀行サービスへのアクセスがない人々、規制などのトピックを探求していくという。

なお2月にテザーはツイッターで、「ビットコインとステーブルコインは、金融分野に革命を起こします」とし「テザーとルガーノ市は、ルガーノ市をヨーロッパのビットコイン首都にする為に協力しています」と発表していた。

https://twitter.com/Tether_to/status/1495709553010397185?s=20&t=jSUR4qC4Qx-Lem8-oHvjAA

関連ニュース

ビットコインのライトニングネットワーク、その重要性は?(ビットバンク「NLoop」開発者 宮本丈) 

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告 

ビットコイン法定通貨化のエルサルバドル、数千人が独裁政権を危惧しデモ参加 

ニューヨーク市長が給料をビットコインとイーサに、コインベースが支援 

参考:ルガーノ市の公式サイト
デザイン:一本寿和
images:iStocks/m_pavlov・LongQuattro・Julien-Viry

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored