Yearn(YFI)やFantom(FTM)のアンドレ氏らがDeFi業界引退発表、市場は大きく反応

Yearn(YFI)やFantom(FTM)のアンドレ氏らがDeFi業界引退発表

DeFi(分散型金融)プロトコルの著名な開発・運営者であるアンドレ・クロンジェ(Andre Cronje)氏とアントン・ネル(Anton Nell)氏が、DeFi業界から引退することが分かった。3月6日にアントンのツイートで明かした。

そしてアントン氏は、両者が関わる約25のプロジェクトのフロントエンドのアプリケーションやウェブサイトが、今年4月3日に終了する予定だと説明した。

具体的な終了予定のプロジェクトとして、Yearn.finance、keep3r.network、multichain.xyz、chainlist.org、solidly.exchange、bribe.crv.financeを同氏はツイートで挙げている。

発表を受けて、Yearn.finance(YFI)やFantom(FTM)など、アントン氏のDeFIサービスに関連するトークン価格が急落。YFIは2万ドル近くから1万7000ドルへと13%下落、FTMは過去24時間で15%下落した。そして先週発表されたばかりのプロジェクトであるSolidly(SOLID)は、1日で64.73%下落した。

またYearn.financeの開発者であるツイッター名「@bantg」氏は、アンドレ氏が退いた後の動向について、次のようにツイートしている。

「アンドレ氏は1年以上もYearn.financeに関わっていないことを知っていますか? 仮に引退が事実だとしても、Yearn.financeには50人のフルタイムと140人のパートタイムの貢献者がいて、バックアップし続けています」

またFantom Foundationの公式Twitterは次のようにツイートしている。

「Fantomの開発は、アンドレの決定による影響を受けません。予定通り大きな発表ができるでしょう」

従来の金融サービスと比較してDeFIの根源的な魅了は、特定の人物や組織に依存することなく持続可能に運営されることだと考えられている。

しかし今回著名な開発者の離脱発表から、市場は大きく反応している。今回の事柄から、DeFiにおいて属人的ではなくプロトコルの魅了だけでユーザーを惹きつけられることの難しさが伺える。

参考:Anton Nell
images:iStocks/metamorworks・shironosov
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored