マンチェスターシティFC、暗号資産取引所OKXと提携

マンチェスター・シティFCがOKXとパートナーシップを締結

イングランドのプロサッカークラブであるマンチェスター・シティFCが、暗号資産(仮想通貨)取引所OKX(オーケーエックス、旧:OKEx)と複数年にわたるパートナーシップ契約を締結したことが3月4日分かった。OKX初となるサッカー分野へのスポンサーシップとなるとのこと。

なお今回の提携は、マンチェスター・シティの男子・女子チームに加えて同クラブのeスポーツ事業もパートナーシップの対象となるとのことだ。

この提携によりOKXは、マンチェスター・シティFCのホームスタジアムである「エティハド・スタジアム」と「アカデミー・スタジアム」内で、OKXのロゴ等、ブランドに関する掲示を行うとのこと。

またOKXのユーザーに対し、マンチェスター・シティに関する様々な限定体験の提供など、今後両社は新たなプロジェクトを共に模索していく予定だという。

なおマンチェスター・シティは昨年12月、新サービスとしてメタバース(仮想空間)上で試合観戦を目指し、ソニーグループと提携している。

また暗号資産取引所がサッカー分野と提携した事例として、暗号資産取引所のクリプトドットコム(Crypto.com)が米女子サッカークラブの「エンジェルズ・シティ(ACFC)」と暗号資産・NFTパートナーシップ契約を昨年12月に締結している。

さらに今年2月には、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、アフリカ最大のサッカー大会である「アフリカネイションズチャンピオンシップ2021(AFCON 2021)」の公式スポンサーになったことを発表した他、バイナンスではFCポルトとSSラツィオ、アルゼンチンサッカー協会の公式ファントークン発行も行っている。

関連ニュース

Crypto. com、米女子サッカー「エンジェルズ・シティ」とパートナーシップ締結

バイナンス、アフリカ最大のサッカー大会「AFCON 2021」とスポンサー契約

アリババのアントチェーンが欧州サッカー連盟と協定締結、ブロックチェーントロフィーも

F1「レッドブル・レーシング」がBybitとスポンサー契約、ファントークン発行も

マンチェスターユナイテッド、テゾス(XTZ)とスポンサー契約か=報道

参考: OKX

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。