マンチェスターユナイテッド、テゾス(XTZ)とスポンサー契約か=報道

マンU、テゾスとスポンサー契約か

英国プレミアリーグのサッカークラブ「マンチェスター・ユナイテッドFC(Manchester United FC)」が、テゾス(Tezos)ブロックチェーンとトレーニングキット(クラブ公式練習着)スポンサーの契約を締結する予定であることを、2月4日英国スポーツメディア「ザ・アスレティック(The Athletic)」が報じた。

報道によると、今回の契約は年間約31億円(2000万ポンド)のトレーニングキットスポンサーを複数年で交わしたとのこと。

現在マンチェスターユナイテッドFCのユニフォーム(クラブ公式試合着)スポンサーは、ドイツのテクノロジー企業チームビューアー(TeamViewer)が前面の胸部分に掲出されている。一方で現在のトレーニングキットのスポンサーロゴについては掲出されていない為、トレーニングキットスポンサーは募集中のようだった。

なお現在プレミアリーグはシーズン中だが、スポンサーロゴの掲出時期については明らかになっていない。

テゾスはスマートコントラクト機能を実装しているブロックチェーンプロジェクトだ。コンセンサスアルゴリズムには、PoS(Proof of Stake)を採用している。

テゾスは昨年から今年にかけて海外のゲームやファッション及びスポーツのNFTコンテンツに採用されている。またNFTマーケットプレイスのラリブル(Rarible)がテゾスにマルチチェーン対応している。

テゾスのスポーツチームとの技術提携としては、昨年5月にレッドブル・レーシング・ホンダ(Red Bull Racing Honda)とコレクティブルNFTシリーズの販売を発表。また6月にはマクラーレン・レーシング(McLAREN RACING)とNFTを利用したファンエンゲージプラットフォーム構築を発表している。

関連ニュース

F1チームのレッドブル・レーシング・ホンダ、テゾスブロックチェーンと提携

マクラーレン・レーシングがテゾスと提携、NFTプラットフォーム構築へ

UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ

GAPがNFTコレクション販売へ、ブロックチェーンはテゾス(XTZ)採用

NFTマーケットプレイスRarible、テゾス(XTZ)にマルチチェーン対応

参考:ザ・アスレティック
デザイン:一本寿和
images:iStocks/alphaspirit

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論