NFTマーケットプレイスRarible、テゾス(XTZ)にマルチチェーン対応

Rarible、テゾス(XTZ)に対応

NFTマーケットプレイスのラリブル(Rarible)が、テゾス(XTZ)のブロックチェーンにマルチチェーン対応したことが12月15日分かった。

これによりテゾスは、イーサリアム(Ethereum)とフロー(Flow)に続き、3番目のラリブル対応ブロックチェーンとなった。

また発表によるとテゾスに対応したことにより、少量のガス代でNFTのミント(鋳造)や売買ができるようになるとラリブルは説明している。

さらにラリブルは、仏大手ゲーム開発企業ユービーアイソフト(Ubisoft)が発行するNFTの二次販売のサポート開始も併せて発表している。このNFTはテゾス上に発行されたものである。

ユービーアイソフトは今月7日、NFTプラットフォーム「ユービーアイソフト・クォーツ(Ubisoft Quartz)」のベータ版ローンチと、ウィンドウズPC版のAAAゲームタイトル「ゴーストリコン:ブレイクポイント(Ghost Recon:Breakpoint)」で発行開始したNFT「ディジット(Digit)」を同NFTプラットフォームで取り扱うことを発表している。

またラリブルは今月10日に新機能「Messenger(メッセンジャー)」を正式公開した。発表によると現在この機能にはイーサリアムとフローが適用されており、テゾスについては間もなく適用されるとのことだ。

なお今後もラリブルは、他のブロックチェーンについてもマルチチェーン対応に取り組んでいくとしている。

関連ニュース

UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ

NFTマーケットプレイスRarible、新機能「Messenger」を正式公開

NFTのミント費用がゼロに、Raribleが新機能「lazy minting」公開

NFTプラットフォーム「ラリブル(Rarible)」約15.8億円調達、FLOWとの連携も

double jump. tokyoがNFTマーケットプレイス運営の「Rarible」とパートナーシップ締結

参考:ラリブル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/PerlaStudio・artacet

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【9/27話題】博報堂とアスターのステイクが新会社、Oasysでセガ「三国志大戦」リリースへなど(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ジョイントベンチャー設立へ、【取材】セガ「三国志大戦」のIP活用ブロックチェーンゲーム、Oasysでリリースへ、グリーがweb3事業参入を表明、ブロックチェーンゲーム開発を視野、SBIVCトレードが「ステーキングサービス」開始へ、カルダノ(ADA)から、フォビジャパン、テゾス(XTZ)取扱いへ、コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得、WEFが「Crypto Sustainability Coalition」発足、気候変動対策におけるweb3の可能性調査で、チリーズ(CHZ)の「Socios. com」、マレーシアのサッカークラブ「ジョホール」と提携、ラグビー用品専門店「ラグビーオンライン」、FiNANCiEでトークン発行、コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発、NFTアートの祭典「CAWA TOKYO 2022」、9月27日から開催

Sponsored

コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発

DeFi(分散型金融)やNFTにおけるブロックチェーンの安全性と規制問題に取り組むweb3ソフトウェア開発企業ビクトリーファイナンス(Bictory Finance)が、コンコーディアム(Concordium)ブロックチェーン上でウォレット・ネーム・システム「Concordium Name Service(CNS)」を9月27日に発表した。

Sponsored