NFTマーケットプレイスRarible、テゾス(XTZ)にマルチチェーン対応

Rarible、テゾス(XTZ)に対応

NFTマーケットプレイスのラリブル(Rarible)が、テゾス(XTZ)のブロックチェーンにマルチチェーン対応したことが12月15日分かった。

これによりテゾスは、イーサリアム(Ethereum)とフロー(Flow)に続き、3番目のラリブル対応ブロックチェーンとなった。

また発表によるとテゾスに対応したことにより、少量のガス代でNFTのミント(鋳造)や売買ができるようになるとラリブルは説明している。

さらにラリブルは、仏大手ゲーム開発企業ユービーアイソフト(Ubisoft)が発行するNFTの二次販売のサポート開始も併せて発表している。このNFTはテゾス上に発行されたものである。

ユービーアイソフトは今月7日、NFTプラットフォーム「ユービーアイソフト・クォーツ(Ubisoft Quartz)」のベータ版ローンチと、ウィンドウズPC版のAAAゲームタイトル「ゴーストリコン:ブレイクポイント(Ghost Recon:Breakpoint)」で発行開始したNFT「ディジット(Digit)」を同NFTプラットフォームで取り扱うことを発表している。

またラリブルは今月10日に新機能「Messenger(メッセンジャー)」を正式公開した。発表によると現在この機能にはイーサリアムとフローが適用されており、テゾスについては間もなく適用されるとのことだ。

なお今後もラリブルは、他のブロックチェーンについてもマルチチェーン対応に取り組んでいくとしている。

関連ニュース

UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ

NFTマーケットプレイスRarible、新機能「Messenger」を正式公開

NFTのミント費用がゼロに、Raribleが新機能「lazy minting」公開

NFTプラットフォーム「ラリブル(Rarible)」約15.8億円調達、FLOWとの連携も

double jump. tokyoがNFTマーケットプレイス運営の「Rarible」とパートナーシップ締結

参考:ラリブル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/PerlaStudio・artacet

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored