NFTマーケットプレイスRarible、新機能「Messenger」を正式公開

Raribleが新機能「Messenger」を正式公開

NFTマーケットプレイスのラリブル(Rarible)が、新機能「Messenger(メッセンジャー)」を12月10日公開した。

なお以前よりこの「Messenger」機能は、限られたローンチパートナーとインフルエンサーにのみ提供されていた。今回の正式公開にて全てのユーザーが「Messenger」機能を使用できるようになった。

発表によると「Messenger」機能は現在「イーサリアム(Ethereum)」と「フロー(Flow)」に適用されており、「テゾス(Tezos)」にも間もなく使用できるようになるとのこと。

この新機能により、ユーザーはラリブル上でコレクターやアーティスト、クリエイターに直接DMを送ることができ、全てのアカウントにつながることができるとのことだ。

なおスパム防止のために、一般的にはラリブルでフォローしている人からのメッセージだけが受信箱に届けられる仕組みとなっている。またフォローしていない人からのメッセージは完全に拒否することもできるという。

発表によると、同社は今後「Messenger」にグループチャット機能の追加や、将来的には同機能をスタンドアロンアプリとしてリリースすることも計画しているとのことだ。

関連ニュース

NFTのミント費用がゼロに、Raribleが新機能「lazy minting」公開

NFTプラットフォーム「ラリブル(Rarible)」約15.8億円調達、FLOWとの連携も

double jump. tokyoがNFTマーケットプレイス運営の「Rarible」とパートナーシップ締結

クラーケンでRarible(RARI)、Aavegotchi(GHST)、Polygon(MATIC)の取引開始

米コインベースプロでBadger DAO(BADGER)とRarible(RARI)上場

参考:Rarible.com
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Suwaree-Tangbovornpichet・antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。