NFTマーケットプレイスRarible、新機能「Messenger」を正式公開

Raribleが新機能「Messenger」を正式公開

NFTマーケットプレイスのラリブル(Rarible)が、新機能「Messenger(メッセンジャー)」を12月10日公開した。

なお以前よりこの「Messenger」機能は、限られたローンチパートナーとインフルエンサーにのみ提供されていた。今回の正式公開にて全てのユーザーが「Messenger」機能を使用できるようになった。

発表によると「Messenger」機能は現在「イーサリアム(Ethereum)」と「フロー(Flow)」に適用されており、「テゾス(Tezos)」にも間もなく使用できるようになるとのこと。

この新機能により、ユーザーはラリブル上でコレクターやアーティスト、クリエイターに直接DMを送ることができ、全てのアカウントにつながることができるとのことだ。

なおスパム防止のために、一般的にはラリブルでフォローしている人からのメッセージだけが受信箱に届けられる仕組みとなっている。またフォローしていない人からのメッセージは完全に拒否することもできるという。

発表によると、同社は今後「Messenger」にグループチャット機能の追加や、将来的には同機能をスタンドアロンアプリとしてリリースすることも計画しているとのことだ。

関連ニュース

NFTのミント費用がゼロに、Raribleが新機能「lazy minting」公開

NFTプラットフォーム「ラリブル(Rarible)」約15.8億円調達、FLOWとの連携も

double jump. tokyoがNFTマーケットプレイス運営の「Rarible」とパートナーシップ締結

クラーケンでRarible(RARI)、Aavegotchi(GHST)、Polygon(MATIC)の取引開始

米コインベースプロでBadger DAO(BADGER)とRarible(RARI)上場

参考:Rarible.com
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Suwaree-Tangbovornpichet・antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した