NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」、英語対応し正式版提供に

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」正式版提供開始

GMOインターネットグループのGMOアダムが運営するNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」が、英語版の提供を開始し、β版から正式版へ移行したことが12月13日分かった。

「Adam byGMO」は今年8月31日よりβ版が提供されていた。NFTの販売方法としては、価格指定販売とオークション販売に対応している。なお決済についてはイーサリアムに加え、日本円での口座振り込みやクレジットカード払いが可能だ。

発表によると英語版の提供も開始したことで、NFTの作品ページを英語で閲覧が出来るようになった他、購入や入札、二次流通等の手続きも英語で完結するとのこと。

なお海外からのNFT購入時の決済方法には、クレジットカードとイーサリアム(ETH)が対応しているとのこと。国内からであれば、銀行振込にも対応している。

また「Adam byGMO」は9月30日にNFTの「入出庫」機能の追加も実施している。入出庫手数料は無料で、出庫手数料は1回0.05ETH、また出庫の際のイーサリアム(ETH)ネットワークの手数料はユーザー負担となっている。

なお今後「Adam byGMO」では、審査済のクリエイター本人がアイテムを作成し出品できる「認定クリエイター機能」をはじめとした機能拡充を予定しているとのことだ。

関連ニュース

【速報】GMOがNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」運営の新会社、GMOアダム設立

GMOがNFTマーケット事業へ参入、名称は「アダム by GMO」に

「Adam byGMO」β版ローンチ、K-1やYouTuberヒカルらなどのNFT1192点を販売開始

【取材】国内NFTマーケット「Adam byGMO」会見、西野亮廣氏、まふまふ氏、武尊氏らも参加

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

参考:GMO
デザイン:一本寿和
images:iStocks/PhotoProdra・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。