NFTのミント費用がゼロに、Raribleが新機能「lazy minting」公開

ラリブルが新機能「lazy minting」公開

NFTマーケットプレイスのラリブル(Rarible)が、新機能「lazy minting(レイジーミンティング)」を10月19日公開した。この新機能によりNFTのミント(鋳造/発行)手数料が無料となる。

従来ラリブルでNFTを販売するには、NFTをイーサリアム(Ethereum)上にミントする必要があり、その際にイーサリアムの取引の際に発生するGas代(手数料)を負担する必要があった。

しかし新機能「lazy minting」は、そのGas代をNFT購入者が支払う仕組みだ。なお「lazy minting」でNFT出品の際は、イーサリアム上にミントされず、購入されるまでデータをIPFS(分散型ストレージ)に一時的に保管をする仕組みを取るようだ。

ラリブルはこの機能により、クリエイターのNFTへの参入障壁をさらに低くするとしており、また購入されないNFTに関連するイーサリアムの不要な取引を減らすことが出来ると説明している。

なお「lazy minting」利用には、ラリブルとのウォレット接続と「Free minting」のオプションを選択し、ウォレットで認証を行うことで対応可能となるようだ。

現在イーサリアムの取引手数料は高騰しているため、イーサリアムでNFTを発行するには数千円程度の手数料ががかる。ただNFTのミント先として、やはりイーサリアムは人気が高い。今回の新機能は購入者には負担が増えるものの、クリエイターにとっては嬉しい機能と言えるだろう。

関連ニュース

米コインベースプロでBadger DAO(BADGER)とRarible(RARI)上場

クラーケンでRarible(RARI)、Aavegotchi(GHST)、Polygon(MATIC)の取引開始

NFTプラットフォーム「ラリブル(Rarible)」約15.8億円調達、FLOWとの連携も

double jump. tokyoがNFTマーケットプレイス運営の「Rarible」とパートナーシップ締結

参考:Rarible
デザイン:一本寿和
images:iStocks/urzine・antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored