マクラーレン・レーシングがテゾスと提携、NFTプラットフォーム構築へ

マクラーレン・レーシングがテゾスと提携、NFTプラットフォーム構築へ

英国のレーシングチームであるマクラーレン・レーシング(McLAREN RACING)がTezos(テゾス)と提携し、テゾスブロックチェーン上にNFTを利用したファンとのエンゲージプラットフォームを構築することを6月17日発表した。

マクラーレン・レーシングではF1、インディーカー、e-sportsの分野にてチーム運営をしており、テゾスはそれぞれと複数年にわたるオフィシャル・テクニカル・パートナーとなったとのことだ。 リリースによるとマクラーレンはレースの伝統や歴史、ドライバーに関連した専用のプラットフォームを構築するとしている。

マクラーレン・レーシングのライセンシング、eコマース、e-sports部門のディレクターであるリンジー・エックハウス(Lindsey Eckhouse)氏はリリースにて「今回の提携により、ファンがチームの重要なパーツを所有できる空間を提供することができます。我々はテゾスとのプラットフォームを立ち上げ、F1、インディーカー、e-sportsの各チームでカスタムメイドのNFTを作成することを楽しみにしています」と述べている。

参考:McLAREN RACING
デザイン:一本寿和
images:iStocks/jamesteohart

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている