露ノリリスク・ニッケル、銅とニッケルを裏付けにしたETCのトークン発行

ノリリスク・ニッケル、銅とニッケルを裏付けにしたETCのトークン発行

ロシアの非鉄金属生産企業ノリリスク・ニッケル(Nornickel)が、ニッケルと銅を裏付けた上場商品(ETC)の提供を6月17日発表した。このETCはブロックチェーン上に情報が記録されており、購入者にETCと紐づいたトークンが付与される仕組みとなっている。

このETCはノリリスク・ニッケルが設立したグローバル・パラジウム・ファンド(GPF)によってロンドン証券取引所とイタリア証券取引所に上場したとのこと。

ETCの情報をブロックチェーンに記録することで投資家のセキュリティを強化するという。ブロックチェーンにはIBMが開発を主導するエンタープライズ向けブロックチェーンであるHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)が採用されているとのことだ。

GPFでは今年初めににイタリア証券取引所にて金、銀、プラチナ、パラジウムのETCを販売している。

参考:NornickelCoindesk
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RHJ

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ