ミャンマー軍事政権、独自デジタル通貨の発行を計画か=報道

ミャンマー軍事政権が独自デジタル通貨を発行か

ミャンマー軍事政権が年内にデジタル通貨発行を計画していることを、ブルームバーグが2月4日に報じた。

報道によると軍事政権は、デジタル通貨を発行することで、ミャンマー国内の決済のサポートと経済の活性化をすることが狙いだという。

軍事政権の副情報相を務めるゾーミントゥン(Zaw Min Tun)少将は「(デジタル通貨発行を)地元企業との共同事業として行うか、政府単独で行うかは未定だ」と述べているとのことだ。

世界銀行の報告書によると、ミャンマーの経済は2021年9月期に18%縮小したと推定されており、今年の9月までの経済成長率はわずか1%と予測されている。新型コロナウィルス感染症とクーデターがなければ30%の成長が見込まれていたとされている。

一方で昨年12月、ミャンマー連邦共和国の合法的な政府であると主張する機関、国民統一政府(NUG)は、米ドルペッグのステーブルコイン「テザー(USDT)」を国内の公式通貨として受け入れたとされている。

NUGは、2021年2月1日にミャンマーにおいて同国国軍が企図したクーデターを発端に、暫定政府となった軍事政権へ対抗するため樹立された組織である。アウンサンスーチー氏が国家顧問を務めている。

なお「テザー」を公式通貨とした理由は「現在の貿易、サービス、決済システムを容易かつスピードアップするために国内で使用する為」とNUG財務大臣のティントゥンナイン(Tin Tun Naing)氏が自身のFacebookへ投稿している。

なおクーデター以前の2020年5月には、ミャンマー中央銀行は国内で暗号資産取引をした国民に対し、投獄もしくは罰金を科すと発表していた。今回の軍事政府のデジタル通貨発行について、中央銀行が関与しているかは不明である。

関連ニュース

ミャンマー国民統一政府、米ドルステーブルコイン「USDT」の国内利用受け入れか=報道

参考:ブルームバーグ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/TAK・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。