F1「レッドブル・レーシング」がBybitとスポンサー契約、ファントークン発行も

F1チームのオラクル・レッドブル・レーシングがBybitとスポンサー契約

F1チームの「オラクル・レッドブル・レーシング(Oracle Red Bull Racing)」が、暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所バイビット(Bybit)と複数年によるスポンサー契約を締結したことが2月17日分かった。

なお発表によると今回の契約金は、暗号資産関連企業によるスポーツチームとの契約において史上最高額とのことだ。各社報道では3年間の契約で1億5000万ドル(約173億円)と見積もられている。

バイビットは今回のスポンサー契約締結により、「オラクル・レッドブル・レーシング」のプリンシパルチームパートナー、暗号資産取引所パートナー、テックインキュベータパートナーになるとのことだ。そしてレーシングマシンのフロント・ウィングとリア・ウィングには、バイビットのロゴが大きく掲出されることになる。

またレッドブル・レーシングは「バイビットがファントークン発行パートナーとして、オラクル・レッドブル・レーシングのファンエンゲージメントを高めるというミッションを拡大します」と説明もしている。

「オラクル・レッドブル・レーシング」は、レッドブル・レーシング・ホンダが昨年に提携した、クラウドインフラストラクチャ企業オラクル(Oracle)とのパートナーシップ拡大による新チーム名称だ。2月9日に今季2022年の新型車両とオラクルとのタイトルスポンサー契約が発表され、同日よりチームのエントリー名は「オラクル・レッドブル・レーシング」へ変更された。

昨年5月には、レッドブル・レーシング・ホンダ(Red Bull Racing Honda)とブロックチェーンテゾス(Tezos)は技術提携をしている。この提携はレッドブル・レーシング・ホンダが、チーム初のデジタルコレクティブルNFTシリーズを、テゾスブロックチェーンで独占的に販売する内容だった。

また暗号資産取引所とF1チームによる提携事例としては、今月15日にバイナンス(Binance)が、アルピーヌF1チーム(BWT Alpine F1 Team:旧ルノーF1チーム)と提携を発表した。この提携により「バイナンスファントークンプラットフォーム(Binance Fan Token Platform)」にて、アルピーヌF1チームの公式ファントークンを発行するとのことだ。

関連ニュース

F1チームのレッドブル・レーシング・ホンダ、テゾスブロックチェーンと提携

バイナンス、公式ファントークン第4弾はF1チームのアルピーヌ

参考:レッドブルレーシング
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Daniel-Rodriguez-Tirad・Svetlana-Borovkova

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】a16zが2024年に暗号資産業界で期待すること、ワールドコインがコミュニティ向け助成金プログラムなど

a16z、「2024年に暗号資産業界で期待すること」9項目を公開、ワールドコイン(WLD)、コミュニティ向け助成金プログラム公開、ロビンフッドがEUで「Robinhood Crypto」提供開始、取引でBTC付与特典も、サザビーズ、初の「ビットコイン・オーディナルズ」のオークション開催へ、コインチェックにアバランチ(AVAX)上場、国内8例目、米判事、バイナンス前CEOの有罪答弁を受理、UAEへの帰国は保留、仏大手銀行ソシエテ、ユーロ建てステーブルコインの取引開始へ、AnkrがzkSyncハイパーチェーンの「Rollup as a Service」提供開始、ZKスタックでマターラボと、SafeがWeb3Authと提携、ソーシャルアカウントでのウォレット作成ツール発表、gumiのシンガポール子会社、韓国Com2uS開発「XPLA」のノード運営に参加

Sponsored