バイナンス、アフリカ最大のサッカー大会「AFCON 2021」とスポンサー契約

バイナンス、アフリカ最大のサッカー大会とスポンサー契約

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、アフリカ最大のサッカー大会である「アフリカネイションズチャンピオンシップ2021(AFCON 2021)」の公式スポンサーになったことを1月11日発表した。

なお今回の公式スポンサー契約は、アフリカサッカー連盟(CAF)とのパートナーシップ締結により実現したとのこと。

「AFCON 2021」は、アフリカサッカー連盟が主催するサッカートーナメントで、今年1月9日から2月6日までカメルーンで開催される。

今回のスポンサー契約により、アフリカサッカー連盟のソーシャルメディアチャネルと、カメルーンの5つの都市にある6つの会場全てでバイナンスが宣伝されている。また「Assist of the Day」、「Binance Assist of the Week」、「Binance Assist of the Tournament」の公式パートナーにもなるとのこと。

バイナンスの共同創設者兼CMOであるイヘ(YiHe)氏は「人口が12億人のアフリカは、ブロックチェーン技術とそのユースケースが普及していることから、アフリカ大陸はブロックチェーン産業の未来をリードできると考えています」とリリースにてコメントしている。

なおバイナンスでは昨年10月より、「バイナンスファントークンプラットフォーム(Binance Fan Token Platform)」を公開し、伊セリエAのSSラツィオやプリメイラリーガのFCポルト、ブラジルのサントスFCといったクラブチームのトークンを発行し、サッカーとの取り組みを行っている。

ファントークン発行大手の「ソシオスドットコム(Socios.com)」は現在アフリカ地域へ展開は行っておらず、今回のスポンサーを機にバイナンスがアフリカのクラブチームとファントークンを発行する可能性も考えられる。

関連ニュース

バイナンス、セリエAラツィオのファントークン発行へ。激化するか? スポーツとトークン市場

バイナンス、公式ファントークン第二弾はポルトガルFCポルト

バイナンスに、アルケミーペイ(ACH)とイミュータブルX(IMX)上場

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStock/alphaspirit

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達