博報堂DYら、NFT市場に本格参入へ

博報堂DYら、NFT市場に本格参入へ

博報堂DYメディアパートナーズらが、NFTなど情報資産を活用したビジネス推進プロジェクト「Hakuhodo DY Play Asset」を発足したことが3月7日に分かった。博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂DYスポーツマーケティングおよび博報堂DYミュージック&ピクチャーズが同プロジェクトを推進していく。

「Hakuhodo DY Play Asset」では、NFTをはじめとしたブロックチェーン技術によるコンテンツとファンとの新たな関係性について、研究開発からサービス提供までを行なっていくようだ。

活動内容としては、博報堂DYメディアパートナーズグループのNFTビジネスにおける戦略立案、プラットフォーム開発、外部マーケットプレイス連携、マーケティングやクリエイティブ、法規制対応、今後のメタバース展開などの新たなサービスやプロダクトを専門チームとして創発を実施してしていくとのことだ。

また具体的にこのプロジェクトは野球やサッカー、バスケットボールなどのスポーツと、映画・アニメ・音楽をはじめとしたエンタテインメントの映像や写真、音声といった情報資産を扱うとしている。

ちなみに博報堂DYメディアパートナーズは、プロスポーツ競技団体や放送局の有する映像コンテンツを活用し、デジタルコンテンツ(グッズ、アイテム、トレカなど)として提供する独自プラットフォーム「PLAY THE PLAY」の運用を2月18日に開始している。そして2月19日より先々NFT化できる予定の2022明治安田生命J1リーグの動画トレカの発行・販売を実施している。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。