ニューヨーク市長が給料をビットコインとイーサに、コインベースが支援

ニューヨーク市長が給料をビットコインとイーサに、コインベースが支援

ニューヨーク市長のエリック・アダムス(Eric Adams)氏が、1月21日(米国時間)に支払われる自身の給料を暗号資産受け取ることが分かった。

その給料がビットコイン(BTC)とイーサリアムのイーサ(ETH)に変換し、受け取るとのこと。

昨年11月にアダムス市長は最初の3回分の給料をビットコインで受け取ると述べ、来年1月の市長就任後にニューヨーク市を「暗号資産産業の中心地」にする意向を示していた。

アダムス市長は「ニューヨークは世界の中心であり、暗号資産をはじめとする金融イノベーションの中心でありたいと願っています。そのようなイノベーションの最前線にいることは、雇用を創出し経済を改善し世界中の才能を惹きつける存在であり続けることにつながるでしょう」と発表でコメントをしている。

また米国大手の暗号資産取引所であるコインベース(Coinbase)が、今回のニューヨーク市長の給料暗号資産変換を支援したこともかった。

コインベースの創業者でCEOブライアン・アームストロング(Brian Armstong)氏がツイートで明かした

また現在コインベースは、一般企業向けにも受け取った給与を暗号資産に変換するサービスを開発中のようだ。そのサービスは数週間以内にローンチする予定とのことだ。

また発表によれば、そのサービスではコインベースで利用可能な100以上の暗号資産に変換可能でステーキングにも対応するという。

参考:NYC
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored