ニューヨーク市長が給料をビットコインとイーサに、コインベースが支援

ニューヨーク市長が給料をビットコインとイーサに、コインベースが支援

ニューヨーク市長のエリック・アダムス(Eric Adams)氏が、1月21日(米国時間)に支払われる自身の給料を暗号資産受け取ることが分かった。

その給料がビットコイン(BTC)とイーサリアムのイーサ(ETH)に変換し、受け取るとのこと。

昨年11月にアダムス市長は最初の3回分の給料をビットコインで受け取ると述べ、来年1月の市長就任後にニューヨーク市を「暗号資産産業の中心地」にする意向を示していた。

アダムス市長は「ニューヨークは世界の中心であり、暗号資産をはじめとする金融イノベーションの中心でありたいと願っています。そのようなイノベーションの最前線にいることは、雇用を創出し経済を改善し世界中の才能を惹きつける存在であり続けることにつながるでしょう」と発表でコメントをしている。

また米国大手の暗号資産取引所であるコインベース(Coinbase)が、今回のニューヨーク市長の給料暗号資産変換を支援したこともかった。

コインベースの創業者でCEOブライアン・アームストロング(Brian Armstong)氏がツイートで明かした

また現在コインベースは、一般企業向けにも受け取った給与を暗号資産に変換するサービスを開発中のようだ。そのサービスは数週間以内にローンチする予定とのことだ。

また発表によれば、そのサービスではコインベースで利用可能な100以上の暗号資産に変換可能でステーキングにも対応するという。

参考:NYC
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/29話題】ArthSwap厳しい滑り出し、クラーケンJPが元素騎士メタバース上場など(音声ニュース)

アスターのDEX「ArthSwap(ARSW)」厳しい滑り出し、CEX上場後に価格急落、国内初、クラーケンジャパンが元素騎士メタバース(MV)取り扱い開始、米コージェント銀行、ブロックチェーンでの決済サービス導入、米サークルとNYCB、カストディパートナー契約、カストディの「PolySign」約72億円調達、機関投資家向けサービス強化へ、投資企業サイファーパンク、ビットコインとイーサ全て売却、ロビンフッドで「チェーンリンク(LINK)」上場、JASRACが楽曲情報管理にブロックチェーン、「KENDRIX」、ゴールドマンサックス、コインベース株の投資判断「売り」に=報道、クリプトスペルズが「TCG-verse」へ、「Oasys」のL2に独自チェーン開発、、ディープコイン(DEP)、フォビグローバルに上場へ、コイントレードがカルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)取扱いへ、ペルシジャジャカルタ、「Socios. com」でファントークン発行へ

Sponsored