FTX、Visaデビットカード発行へ。日本含む195ヵ国でウェイティングリスト登録可能

FTXのVisaカードが日本からでもウェイティングリストに登録可能

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所大手のFTXが、同取引所のユーザー向けに「FTX Visaカード」を発行することが分かった。

FTX創設者兼CEOサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏の1月21日のツイートで明らかになった。

フリード氏が共有した「FTX Visaカード」のサイトによると、このカードは実物のデビットカードとなるようだ。「世界中にある何百万ものVisa加盟店で24時間、365日暗号資産をすぐに利用できる」としている。

また管理手数料や処理手数料などはなく、完全無料であると明記されている。

なお「FTX Visaカード」を入手するには、ウェイティングリストに必要事項を入力のうえ、申し込みをする必要がある。申込者が居住する地域でカードの利用が可能になり次第、メールが送信されるとのことだ。

なおウェイティングリストのフォームには居住国を選択する箇所があり、「Japan」も選択できるようになっている。ウェイティングリスト申し込みの対象国をカウントしたところ、現状では195ヵ国が選択可能だった。なお米国は確認できなかったため、このカードのサービス対象外と思われる。

なお米国ではFTX.USが、昨年3月に同取引所のユーザーのみを対象にVisa対応のデビットカードを発行している。なおこちらのカードはバーチャルのものだった。

関連ニュース

FTXでPsyOptions(PSY)上場へ

FTX新部門「FTXベンチャーズ」、約2,300億円規模のWeb3ファンド組成

「FTX US」、米プロスポーツ4チームとパートナーシップ締結

FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Smederevac・inkoly

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/26話題】Horizon Bridgeハッキング犯人が資金洗浄、セルシウスが破産申請検討かなど(音声ニュース)

ハーモニー「Horizon Bridge」ハッキング犯人、マネーロンダリングを確認、セルシウス、チャプター11申請検討か=報道、スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表、アスター上の分散型取引所「ArthSwap(ARSW)」、「gate. io」上場へ、米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ、ナッジ、「ベリロン」公式Visaクレカ提供開始、【取材】Concordium、「CCD」のデリゲーション機能追加

Sponsored

スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表

暗号資産ブローカーのボイジャーデジタル(Voyager Digital Ltd)が、財務危機となっている暗号資産ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital:3AC) に対して、債務不履行(デフォルト)通知を発行したことが6月27日に分かった。ボイジャーデジタルが融資した1万5,250BTC(約429億円)と3億5,000万USDC(約474億円)対して、3ACが必要な支払いを行わなかったためだ。

【6/25話題】アクシーRonin Bridgeが再稼働へ、サミーやKADOKAWAらがNFT新会社設立など(音声ニュース)

アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ、パチンコのサミーやKADOKAWAら、NFTサービス開発運営の「O-DEN」設立、カカオのクレイトン、OpenSeaと提携、リップル社、トロントに技術拠点開設へ、バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ、『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら、関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored