FTX、Visaデビットカード発行へ。日本含む195ヵ国でウェイティングリスト登録可能

FTXのVisaカードが日本からでもウェイティングリストに登録可能

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所大手のFTXが、同取引所のユーザー向けに「FTX Visaカード」を発行することが分かった。

FTX創設者兼CEOサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏の1月21日のツイートで明らかになった。

フリード氏が共有した「FTX Visaカード」のサイトによると、このカードは実物のデビットカードとなるようだ。「世界中にある何百万ものVisa加盟店で24時間、365日暗号資産をすぐに利用できる」としている。

また管理手数料や処理手数料などはなく、完全無料であると明記されている。

なお「FTX Visaカード」を入手するには、ウェイティングリストに必要事項を入力のうえ、申し込みをする必要がある。申込者が居住する地域でカードの利用が可能になり次第、メールが送信されるとのことだ。

なおウェイティングリストのフォームには居住国を選択する箇所があり、「Japan」も選択できるようになっている。ウェイティングリスト申し込みの対象国をカウントしたところ、現状では195ヵ国が選択可能だった。なお米国は確認できなかったため、このカードのサービス対象外と思われる。

なお米国ではFTX.USが、昨年3月に同取引所のユーザーのみを対象にVisa対応のデビットカードを発行している。なおこちらのカードはバーチャルのものだった。

関連ニュース

FTXでPsyOptions(PSY)上場へ

FTX新部門「FTXベンチャーズ」、約2,300億円規模のWeb3ファンド組成

「FTX US」、米プロスポーツ4チームとパートナーシップ締結

FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Smederevac・inkoly

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored