「FTX US」、米プロスポーツ4チームとパートナーシップ締結

「FTX US」、米プロスポーツ4チームとパートナーシップ締結

米暗号資産(仮想通貨)取引所「FTX US」が、米モニュメンタル・スポーツ&エンタテインメント(MSE)が保有する4つのプロスポーツチームとパートナーシップを締結したことが12月20日に分かった。

MSEは、NBAやWNBA、NHL、eスポーツチームなど複数のプロスポーツチームを保有している企業だ。

今回「FTX US」が提携したのはMSEが保有する4チーム。八村塁選手が所属するNBA加盟の「ワシントン・ウィザーズ(Washington Wizards)」、WNBA加盟「ミスティックス(Washington Mystics)」、NHL加盟「ワシントン・キャピタルズ(Washington Capitals)」、NBA傘下のGリーグ球団「キャピタルシティゴーゴー(Capital City Go-Go)」だ。

今回の提携により、「FTX US」はMSEの公式NFTパートナーとなった。これにより提携した4チームのNFTを「FTX US」のNFTプラットフォームで発行する権利を独占するとのこと。

「FTX US」は先週14日に、NBAチームの「ゴールデンステート・ウォーリアーズ(Golden State Warriors)」とのパートナーシップ締結を発表していた。また11月にはケンタッキー大学の男子バスケットボールチーム「ワイルドキャッツ(Wildcats)」と提携もしている。

また「FTX US」の親会社である暗号資産デリバティブ取引所のFTXでは、3月にNBAチーム「マイアミ・ヒート(Miami Heat)」のホームスタジアム命名権を1億3500万ドル(約150億円)で確保している。

そして11月にはMLBエンゼルスの大谷翔平選手とFTXが長期契約を締結し、報酬は暗号資産と株式で支払われることが明らかになっている。

関連ニュース

「FTX US」、NBA「ウォリアーズ」とパートナーシップ締結

エンゼルス大谷翔平選手がFTXと長期契約、報酬は暗号資産と株式

「FTX. US」、ソラナ(Solana)基盤のNFTマーケットプレイスをローンチ。今後イーサリアムも対応

NBA選手ステフィン・カリーがFTXへ出資、グローバルアンバサダーへ

参考:モニュメンタル・スポーツ&エンタテインメント
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ