NBA選手ステフィン・カリーがFTXへ出資、グローバルアンバサダーへ

ステフィン・カリー、FTXへ出資

FTXが、NBAの人気プレイヤーのステフィン・カリー(Stephen Curry)氏との長期的なパートナーシップ締結を9月7日に発表した。ステフィン・カリー氏はゴールデンステート・ウォリアーズに所属しており3度のNBA制覇を経験。そしてNBA年間最優秀選手に2度選ばれている。

発表によれば、カリー氏はFTXのグローバル・アンバサダーとなり、FTX Trading Limitedの株式も取得したとのことだ。またカリー氏の財団である「Eat.Learn.Play.」が、FTXと協力して慈善活動を行っていく予定とのこと。そしてFTXが「Eat.Learn.Play」に毎年寄付を行うことも約束されたようだ。

発表でカリー氏はFTXとのパートナーシップ締結に関して「暗号資産市場初心者の不安を解消する会社と提携できることを嬉しく思います。FTXは意味のある方法でコミュニティに還元することに関しては私と同じ志を持っており、私たちが一緒に何を達成できるかを見るのが待ち遠しいです(意訳)」とコメントしている。

またFTX CEOのサム・バンクマンフリード(Sam Bankman-Fried)氏は「ステフィンと会って話をした後、彼がFTXに完璧にフィットすることが明らかになりました。ステフィンは、バスケットボール、投資、ビジネスなどあらゆる分野で最高の選手になるための猛烈な努力に加えて、

慈善活動へのたゆまぬ努力を続けており、FTXのコアバリューと完全に一致しています。ステフィン一緒に、世界で最も支援を必要としている人々にポジティブな影響を与えることを楽しみにしています」と発表でコメントをしている。

これまでにFTXは米国ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のスター選手であるトム・ブレイディ(Tom Brady)氏とトレバー・ローレンス(Trevor Lawrence)氏ともパートナーシップを締結している。

なおNBA選手のブロックチェーン企業への投資事例としては、NBA Top Shot運営のダッパーラボ(Dapper Labs)へ、NBAレジェンドのマイケル・ジョーダンに加えて、ケビン・デュラントやジョシュ・ハートなど合計12選手の投資があげられる。またケビン・デュラントはNFTマーケットプレイス運営のオープンシー(OpenSea)へも出資をしている。

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。