「FTX US」、NBA「ウォリアーズ」とパートナーシップ締結

「FTX US」、NBA「ウォリアーズ」とパートナーシップ締結

暗号資産取引所「FTX US」が、バスケNBAチームの「ゴールデンステート・ウォリアーズ(Golden State Warriors)」とパートナーシップを締結したことが12月14日に分かった。ウォリアーズにとって、FTXとのパートナーシップが、初の国際的なライツパートナーとなるようだ。

発表によれば、FTXがウォリアーズの公式NFTを作成する予定で、2022年初頭にFTXのNFTマーケットプレイスでリリースされるとのこと。

また今回のパートナーシップ締結の記念として、両者は教育の公平性に貢献する3つの非営利団体「セルフ・エスティーム(Self-eSTEM)、ミッションビット(Mission Bit)、テックブリッジ・ガールズ(Techbridge Girls)」にそれぞれ1BTC(約550万円)を贈呈するとのことだ。

FTX USのブレット・ハリソン( Brett Harrison)氏は、発表にて次のようにコメントしている。

「ステフィン・カリーとのパートナーシップを通じて、ウォリアーズの組織を紹介され、私たちのコアバリューと一致する団体と提携できることに興奮しています。そしてFTX USのNFTプラットフォームは、ウォリアーズの世界中のファンに対して、限定グッズにアクセスするための安全で確実な場を提供します」

ウォリアーズは今年4月にチームの6つのNBAチャンピオンリングと10枚の記念チケット半券を含むNFTをリリースした。さらにウォリアーズに所属している人気プレイヤーのステフィン・カリー(Stephen Curry)氏が「FTX」と長期的なパートナーシップ締結したことを9月8日発表した。

なおスポーツ業界との連携として、「FTX US」は3月にNBAチーム「マイアミ・ヒート(Miami Heat)」のアリーナ命名権を1億3500万ドル(約150億円)で確保した。また11月にケンタッキー大学の男子バスケットボールチーム「ワイルドキャッツ(Wildcats)」との提携を発表した。

そして11月にはエンゼルスの大谷翔平選手とFTXが長期契約を締結し、報酬は暗号資産と株式で支払われることが明らかになっている。

関連ニュース

「FTX. US」、ソラナ(Solana)基盤のNFTマーケットプレイスをローンチ。今後イーサリアムも対応

NBA選手ステフィン・カリーがFTXへ出資、グローバルアンバサダーへ

大谷翔平がFTXと長期契約、StarkWareが57億円調達など(音声ニュース)

チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

FTX、F1チーム「メルセデスAMG」と長期スポンサー契約

参考:NBA
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Sergey-Khakimullin

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored