チリーズ「Socios. com」が米NHL12チームと提携

「Socios. com」がNHL12チームと提携

チリーズ(Chiliz)が運営するファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」にて、新たに米NHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)に所属するアイスホッケーチーム12チームと連続提携したことが分かった。

なおNHL所属チームとしては4月にニュージャージー・デビルズとパートナーシップ契約をしており、今回でNHL全32チーム中13チームと提携することになった。

今回連続提携を発表したNHL所属12チームは、ニューヨーク・アイランダース(New York Islanders)、ワシントン・キャピタルズ(Washington Capitals)、タンパベイ・ライトニング(Tampa Bay Lightning)、フロリダ・パンサーズ(Florida Panthers)、デトロイト・レッドウィングス(Detroit Red Wings)、コロンバス・ブルージャケッツ(Columbus Blue Jackets)、シカゴ・ブラックホークス(Chicago Blackhawks)、ダラス・スターズ(Dallas Stars)、バンクーバー・カナックス(Vancouver)、アナハイム・ダックス(Anaheim Ducks)、ベガス・ゴールデンナイツ(Vegas Golden Knights)、LAキングス(LA Kings)だ。

なお今回の発表では全12チームのファントークン発行について、時期などの詳細は明かされなかった。

「Socios.com(ソシオスドットコム)」では、今年8月にも7日間に渡るNBA加盟7チームと連続提携する取り組みを行なっている。その後も立て続けに提携しており、現在はNBA加盟全30チーム中24チームと提携している。

「Socios.com」とは

「Socios.com」は運営元のチリーズが開発したブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。

ファントークンを発行することでスポーツチームは資金調達でき、またファンはファントークンを購入することでチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる仕組みとなっている。この仕組みにより、チームとファンに新たなエンゲージメントを生み出すことが期待されている。

関連ニュース

チリーズのSocios. com、米NHLニュージャージー・デビルズと提携

レイカーズがチリーズ「Socios. com」と提携、NBA24チーム目に

プレミアリーグ「クリスタル・パレスFC」、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

参考:ソシオスドットコムTwitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/gorodenkoff・artacet

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored