プレミアリーグ「クリスタル・パレスFC」、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

クリスタル・パレスFC、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

イングランドプレミアリーグ所属のサッカークラブである「クリスタル・パレスFC」がファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」にてファントークン「$CPFC」を発行することが12月9日発表された。

プレミアリーグ所属チームがファントークン発行を発表するのは、マンチェスター・シティ、アーセナルFC、エバートンFC、リーズユナイテッドFC、アストンヴィラFCに続き6チーム目となる。

またチリーズは昨日12月9日に、ブラジルの国内プロサッカーリーグ「ブラジレイロ・セリエA」加盟の「SEパルメイラス」の公式ファントークン発行を発表したばかりだ。

発表によると「クリスタル・パレスFC」の公式ファントークン「$CPFC」の販売時期および価格などの詳細については、近日中に公開されるようだ。

「Socios.com」は運営元のチリーズが開発したブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。

ファントークンを発行することでスポーツチームは資金調達でき、またファンはファントークンを購入することでチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる仕組みとなっている。この仕組みにより、チームとファンに新たなエンゲージメントを生み出すことが期待されている。

チリーズは現在欧州のプロサッカーリーグの多くのチームを中心に提携を行いファントークンを発行している。またサッカーに留まらず、北米ではNBA:バスケットボール、NHL:ホッケーのチームや総合格闘技団体のPFLとUFCとも提携しており、韓国やインドのスポーツチームとの提携など国・ジャンルを問わず展開を進めている。

関連ニュース

マンチェスター・シティがChilizと提携し、ファントークン発行へ

アーセナル、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

エヴァートンFC、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

リーズユナイテッドFC、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

アストンヴィラFC、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

ブラジルサッカーのパルメイラス、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

参考:ソシオスドットコム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ahmad-Sya’bani・msan10

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored