ダッパーラボ、目標額15億円の資金調達実施

Dapper Labs、約15億円の資金調達へ

人気NFTゲーム「NBA Top Shot」や独自ブロックチェーン「Flow」を開発しているダッパーラボ(Dapper Labs)が、約1,350万ドル(約15億円)の資金調達を進めていることが分かった。

SECに提出された書類によると今回の資金調達はエクイティ(新株発行)によるもので、既に11月22日より開始している。

また現状では1名の投資家より調達目標額の約半数の約647万ドル(約7.3億円)が調達済みであることも確認でき、残りは6,987,392ドルとなっている。

ダッパーラボは9月にも資金調達を実施した。その際には2億5,000万ドル(約270億円)の資金を調達しており、企業評価額は76億ドル(約8,000億円)に達した。

またダッパーラボの直近の動きとしては、米NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)と提携し、NFTマーケットプレイスのリリース準備を進めていることが9月に分かっている。また国内でもミクシィが「Flow」を活用したNFTサービス提供に向けダッパーラボと提携を発表している。

関連ニュース

【取材追記】ミクシィとDapper Labsが提携、「Flow」活用しNFTサービス提供へ

「NBA Top Shot」のDapper Labs、アメフトの「NFL」と提携か

参考:SEC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・metamorworks

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ