「NBA Top Shot」のDapper Labs、アメフトの「NFL」と提携か

「NBA Top Shot」のDapper Labs、アメフトの「NFL」と提携か

「NBA Top Shot」を提供するダッパーラボ(Dapper Labs)が米NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)と提携し、NFTマーケットプレイスのリリース準備を進めていることが分かった。このことはスポーツビジネスジャーナル(SBJ)の9月28に報道された内容だ。なお現時点での正式発表は行われていない。

報道によると、NFLと全国フットボールリーグ選手協会(NFLPA)がダッパーラボの株式を取得するとのこと。今年のフットボールシーズン終了前の2022年1月初旬にはNFLの新しいNFTマーケットプレイスがローンチされる見込みであるとのことだ。

ダッパーラボはブロックチェーンベースのエクスペリエンスとデジタルコレクションを提供するブロックチェーン開発企業である。同社は2020年11月に人気ブロックチェーンゲームの「NBA Top Shot」をリリースした。「NBA Top Shot」は同社の独自パブリックブロックチェーン「FLOW」上に構築されている。また米CNBCの報道によると、「NBA Top Shot」がローンチしてから2021年2月末までの5カ月間で2億3000万ドル(約270億円)の取引が行われたとのことだ。

またダッパーラボは9月22日に2億5,000万ドル(約270億円)の資金を調達し、評価額は76億ドル(約8,000億円)に達している。

参考:スポーツビジネスジャーナル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored