「NBA Top Shot」のDapper Labs、アメフトの「NFL」と提携か

「NBA Top Shot」のDapper Labs、アメフトの「NFL」と提携か

「NBA Top Shot」を提供するダッパーラボ(Dapper Labs)が米NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)と提携し、NFTマーケットプレイスのリリース準備を進めていることが分かった。このことはスポーツビジネスジャーナル(SBJ)の9月28に報道された内容だ。なお現時点での正式発表は行われていない。

報道によると、NFLと全国フットボールリーグ選手協会(NFLPA)がダッパーラボの株式を取得するとのこと。今年のフットボールシーズン終了前の2022年1月初旬にはNFLの新しいNFTマーケットプレイスがローンチされる見込みであるとのことだ。

ダッパーラボはブロックチェーンベースのエクスペリエンスとデジタルコレクションを提供するブロックチェーン開発企業である。同社は2020年11月に人気ブロックチェーンゲームの「NBA Top Shot」をリリースした。「NBA Top Shot」は同社の独自パブリックブロックチェーン「FLOW」上に構築されている。また米CNBCの報道によると、「NBA Top Shot」がローンチしてから2021年2月末までの5カ月間で2億3000万ドル(約270億円)の取引が行われたとのことだ。

またダッパーラボは9月22日に2億5,000万ドル(約270億円)の資金を調達し、評価額は76億ドル(約8,000億円)に達している。

参考:スポーツビジネスジャーナル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored