「NBA Top Shot」のDapper Labs、アメフトの「NFL」と提携か

「NBA Top Shot」のDapper Labs、アメフトの「NFL」と提携か

「NBA Top Shot」を提供するダッパーラボ(Dapper Labs)が米NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)と提携し、NFTマーケットプレイスのリリース準備を進めていることが分かった。このことはスポーツビジネスジャーナル(SBJ)の9月28に報道された内容だ。なお現時点での正式発表は行われていない。

報道によると、NFLと全国フットボールリーグ選手協会(NFLPA)がダッパーラボの株式を取得するとのこと。今年のフットボールシーズン終了前の2022年1月初旬にはNFLの新しいNFTマーケットプレイスがローンチされる見込みであるとのことだ。

ダッパーラボはブロックチェーンベースのエクスペリエンスとデジタルコレクションを提供するブロックチェーン開発企業である。同社は2020年11月に人気ブロックチェーンゲームの「NBA Top Shot」をリリースした。「NBA Top Shot」は同社の独自パブリックブロックチェーン「FLOW」上に構築されている。また米CNBCの報道によると、「NBA Top Shot」がローンチしてから2021年2月末までの5カ月間で2億3000万ドル(約270億円)の取引が行われたとのことだ。

またダッパーラボは9月22日に2億5,000万ドル(約270億円)の資金を調達し、評価額は76億ドル(約8,000億円)に達している。

参考:スポーツビジネスジャーナル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。